ここから本文です。

安心品質実験レポート

確かめました!「安心品質」実験レポート

下記コンテンツは2011年以前に公開したものです。

激しい揺れにも影響を受けにくい【耐震性能】

写真:【耐震性能】

地震等で照明器具が落下すれば、ケガをする恐れがあります。また照明の故障は、避難生活にも支障を来たします。大きな震災が相次ぐ日本では、照明器具の耐震性に関心が寄せられています。
パナソニックのLED照明は、建築設備耐震設計・施工指針※1に沿った試験で、落下および落下の原因につながる故障などの変化が見られないことが実証されました。
※1 日本建築センター「建築設備耐震設計・施工指針 2005年度版」

耐震性能のムービーを見る

雷の被害からLED照明を守る【耐雷サージ性能】

写真:【耐雷サージ性能】

雷によって発生する雷サージにより、機器が破壊されるのを防ぐため、照明器具に対しては、IEC(国際電気標準会議)で耐雷サージ基準が求められています。
パナソニックのLED照明は、国際基準の約3.75倍の15kVの電圧にも耐えられることが、試験により実証されました。

耐雷サージ性能のムービーを見る

長く使っても暗くなりにくい【光束維持信頼性】

写真:【光束維持信頼性】

LED照明の光束が落ちる要因例として、「空気中のガスの影響で、光源の部材が劣化すること」が挙げられます。光源の部材の劣化は、熱や光、空気中のガスや水により促されます。特に、空気中に含まれる硫黄化合物は、LEDの心臓部を劣化させ、光束を低下させてしまうのです。
パナソニックのLED照明は約1000時間の加速評価試験後の測定でも、90%以上の光束を維持することが、試験により実証されました。

光束維持信頼性のムービーを見る

暴風雨にも破損しにくい【耐水/耐風速性能】

写真:【耐水/耐風速性能】

JIS規格C8105−1では、定められた測定・試験方法により、製品外部からの有害な影響を伴う、水気の浸入に対する保護等級(IPコード)が、求められています。
パナソニックのLED照明は、JIS基準のIPX3に準拠した試験を実施し、防水性能を確認しています。

耐水/耐風速性能のムービーを見る

TV、ラジオへの妨害波の影響を抑制【妨害波対策性能】

写真:【妨害波対策性能】

機器から漏れた電磁波を他の機器が拾うことにより発生するノイズ。このノイズに信号が妨害され、正常なデータが受信できなくなることがあります。電気製品についてはノイズ対策を求める規定がありますが、LED照明器具は、一部を除いて電気用品安全法の対象外になっており、ノイズ基準の適用を受けていません。
パナソニックのLED照明は、電源・器具双方のノイズ信頼性が試験により実証されました。


確かな明るさ表示のための【性能表示信頼性】

写真:【性能表示信頼性】

LED照明に関しては、新たな商品だけに性能表示に関する基準がなく、光束値に関する測定法にもばらつきがありました。
今回新たにガイドラインが発行され、従来の蛍光灯照明器具と違う、LED照明器具のエネルギー消費効率の考え方が明確になりました。
パナソニックのLED照明は、多受光測定装置で、ガイドラインに沿った測定・表示を実施しています。

性能表示信頼性のムービーを見る

WEB会員募集中!

パナソニックならではのLED照明のオリジナル情報をお届けします。
照明設計をサポートする数々のサービスをぜひご利用ください。

会員登録はこちら
主な会員限定サービス