ここから本文です。

光束維持信頼性

長く使っても暗くなりにくい 光束維持信頼性
光源の部材の耐久性を確認するためガス腐食試験を実施
パナソニックの光源部材が、空気中のガスの影響などに強い部材か、
LEDダウンライトの発光部をガス腐食試験でテストしました。
JIS C 60068-2-43に基づいたガス腐食試験環境※で、LEDダウンライトの発光部を挿入し、約1000時間の加速評価を実施。その後の測定においても90%以上の光束があることを確認することができました。
※一般環境に存在する硫化水素の100〜1000倍の濃度の環境
光束維持信頼性のムービーを見る

写真:ガス腐食試験写真:LED発光部の変化
ガス腐食実験とは?
腐食性ガスは、排気ガスなどにも含まれており、ガス腐食試験は、電子部品などの耐久性を確認する一般的な試験の一つです。
環境試験方法 −電気・電子−
JIS C 60068-2-43 接点及び接続部の硫化水素試験法
WEB会員募集中!

パナソニックならではのLED照明のオリジナル情報をお届けします。
照明設計をサポートする数々のサービスをぜひご利用ください。

会員登録はこちら
主な会員限定サービス