ここから本文です。

耐水/耐風速性能

暴風雨にも破損しにくい 耐水/耐風速性能
JIS規格による防水試験をクリア
製品に防水試験を実施し、水気の浸入に対しての保護性能を確認。
さらに暴風雨などの過酷な使用条件が想定される場所に設置するLED防犯灯などに対しては、
強風散水試験の実施も可能。厳しい社内基準を設けています。
耐水/耐風速性能のムービーを見る

試験装置例写真:LED防犯灯写真:LED防犯灯
水気の浸入に対する保護等級(JIS規格)
防水試験の基準値
JIS規格C8105-1では、定められた測定・試験方法により、製品外部からの有害な影響を伴う水気の浸入に対する保護等級(IPコード)が規定されています。パナソニックは、JIS基準のIPX3に準拠した試験を実施し、防水性能を確認しています。
年平均3個の台風が上陸、11個が接近。
台風は30年間(1971年〜2000年)の平均で、年約27個が発生し、平均約3個が日本に上陸しています。上陸しなくても平均で11個の台風が日本から300km以内に接近、暴風や大雨をもたらしています。気象庁では、最大風速54m/s以上を「猛烈な」強さと区分けしています。
(気象庁ホームページより引用)
WEB会員募集中!

パナソニックならではのLED照明のオリジナル情報をお届けします。
照明設計をサポートする数々のサービスをぜひご利用ください。

会員登録はこちら
主な会員限定サービス