ここから本文です。

性能表示信頼性

確かな明るさ表示のための 性能表示信頼性
多受光測定装置でガイドラインに沿った測定を実施
パナソニックは当社独自開発の装置により、
新たなガイドラインに準拠した、正確な情報のみを表示しています。
性能表示信頼性のムービーを見る

パナソニック株式会社の測定装置
LEDの新基準 従来蛍光灯の基準
固有エネルギー消費効率 エネルギー消費効率
定格光束/
定格消費電力
【lm/w】
※定格光束=LED照明器具から
放出される初光束
蛍光ランプの全光束/
消費電力
【lm/w】
※全光束=(ランプ定格全光束値)×
(安定器光出力係数)×
(温度補正係数)

JLAガイド134:2010年
「LED照明器具性能に関する表示についてのガイドライン本文3.1定格光束」より
“LED照明器具から放出される初光束(照明器具初光束)を表示する。”


性能表示の規格がなかった!?
第四の灯りと呼ばれるLED照明に関しては、新たな商品なだけに、性能表示に関する基準がなく、光束値に関する測定法にもばらつきがありました。そのため、カタログの表示により選んでも、実際に必要な明るさと違う、というケースも起こっていました。
従来照明器具とは違うLED照明の性能表示の規格
今回、新たにガイドラインが発行され、従来の蛍光灯照明器具と違う、LED照明器具のエネルギー消費効率の考え方が明確になりました。このガイドラインに沿った表記によりLED照明器具をより安心して採用できるようになりました。

WEB会員募集中!

パナソニックならではのLED照明のオリジナル情報をお届けします。
照明設計をサポートする数々のサービスをぜひご利用ください。

会員登録はこちら
主な会員限定サービス