ここから本文です。

耐震性能

激しい揺れにも影響を受けにくい 耐震性能 建築設備耐震設計・施工指針※1に沿った試験にも耐えられることを実証
地震大国の風土に配慮し、兵庫県南部地震の波形での試験を実施
パナソニックは2つの耐震試験を実施。
ひとつは「建築設備耐震設計・施工指針※1」に基づく耐震試験を実施。
さらに、躯体に設置した状態の照明器具(直管形LEDランプ搭載ベースライト)に
兵庫県南部地震の波形(伝わり方)の震動を加える試験も行いました。
いずれの試験でも落下、 および落下の原因につながる故障などの変化は見られませんでした。
※1 日本建築センター「建築設備耐震設計・施工指針 2005年度版」
耐震性能のムービーを見る

写真:ガス腐食試験
震度とは?その段階とは?
震度(しんど)とは、ある地点における地震の揺れの程度を表した指標。日本では気象庁震度階級が使われ、0から7まで(5と6にはそれぞれ強弱がある)の10段階設定されている。最大震度である震度7を観測したのは、兵庫県南部地震、新潟県中越地震、東日本大震災の3回。震度7では耐震性の低い鉄筋コンクリート造の建物も、倒れるものが多くなる、とされている。
WEB会員募集中!

パナソニックならではのLED照明のオリジナル情報をお届けします。
照明設計をサポートする数々のサービスをぜひご利用ください。

会員登録はこちら
主な会員限定サービス