照明のリニューアル提案では、コストメリットと明るさの確保が大切。
省エネ提案と明るさ提案のヒントをご紹介します。

省エネ提案のヒント

今すぐリニューアルすると、例えばこんなにお得!

コストメリットは、リニューアルしない場合とリニューアルした場合の10年間のコスト比較でみると分かりやすいです。
一般的なオフィスの執務室の場合、提案器具によっては非常に短期間でイニシャルコストが償却できるケースも。

明るさ提案のヒント

執務室に必要な明るさを、十分に確保します!

LED照明にリニューアルする際の施主さまの懸念点として、実際の明るさ感がイメージしづらい点があります。
明るさシミュレーションを行うことで、空間に必要な明るさを確保できることが伝えられます。
執務室の場合は、机の上の高さ(0.7m)における必要照度が750lx。文字がくっきりと見え、色がはっきりと認識できる明るさです。

■執務室の必要照度

■750lxでの見え方

【このプランの諸条件】

■空間条件
間口:10m/奥行:10m
天井高さ:2.7m
作業面高さ:0.7m
器具台数:32台

■従来器具条件
器具スタイル:ベースライト
明るさ:直管形蛍光灯FLR40形×2灯器具相当
取付方式:天井直付型

■LED提案器具
品番:XLX440AENZ LE9

かんたんサイトTOPへ