ここから本文です。

提案までの流れ

現場の調査から提案までの流れ(誘導灯の場合)

1.現場の調査(現場調査表を活用)

お施主様から事前に建物の平面図(照明配置図)を用意していただくと、
誘導灯の設置位置が確認できて現場調査がスムーズに進みます。

2.現場調査の結果をLED誘導灯リニューアル提案書作成ソフトへ入力

現場調査表の内容を提案書作成ソフトに入力していただくだけで、
提案書がカンタンに作成できます。

3.LED誘導灯リニューアル提案書作成ソフトを活用し、「提案書」の完成

・初期投資費用の償却年数グラフ
・LED誘導灯と既設誘導灯の10年間の総費用比較
・蓄電池を交換した時の見積書
・あかりEサポートを活用した時の見積書  あかりEサポート
  etc.

4.お施主様へリニューアル提案

完成した提案書をお施主様に提案。

現場の調査方法(誘導灯の場合)

現場調査表を用意(印刷)し、お施主様から平面図(照明配置図)を用意していただきます。
平面図(照明配置図)の既設器具に番号を記載し、現場調査表に既設器具の情報を記載します。
平面図が無い場合は、手描きで平面図を描き、設置箇所が分かるよう記載します。

図:現場の調査方法(誘導灯の場合)