ここから本文です。

P.L.A.M. PLAM プラム | LED照明設計のポイント 演出照明の設計手法

LED照明設計のポイント

演出照明の設計手法

  1. 器具選択の5つのポイント
  2. 明るさ確保のための設計手法

演出のための照明は、建築の造作や内装を上手く活かしながら、光でメリハリやアクセントをつけていきます。
その手法は建築に応じて変化するため多様なバリエーションがありますが、ここでは演出照明でよく使う手法をピックアップし、
その手法を紹介します。

手法決定 空間演出照明の仕方を決める。

画像をクリックすると、詳細を表示します。

天井を照らす
   
壁を照らす
床を照らす
   

詳細設計 空間演出照明の詳細を設計する。

天井を照らす

  • ?@天井懐が広い場合(400mm)

    天井を照らす最もよく使われる手法です。
    器具から折り上げ天井面までの距離を離すことで、天井面を広く照らし、その反射により、床面も明るくなります。
    LEDは輝度が高いため、天井反射面をマットにし、光源が映り込まないように気をつけます。

    使用器具

    直管LEDランプ搭載
    建築化照明器具コーブ照明用
    NNF41070 LS9

  • 設計条件
    内装反射率 天井:70%
     壁:50%
     床:30%
  • 断面図
  • 天井懐があまりない場合に、薄型のLED器具が有効になります。

    この場合は、天井面を明るくすることは出来ますが、床面への光はほとんど期待できないため、ダウンライトなどで必要に応じて明るさを補うようにします。

    使用器具

    建築部材照明LED
    薄型タイプ(屋内仕様)
    NNF52102 LE1
    NNF51102 LE1

  • 設計条件
    内装反射率 天井:70%
     壁:50%
     床:30%

天井を照らす「ブラケット照明」 >>

▲演出手法一覧へ戻る