LEDダウンライト ワンコア(ひと粒)タイプ

高天井の高照度空間から廊下、トイレなどの小空間まで。パナソニックのワンコアLEDダウンライトは2000形~60形まで豊富にラインアップ。

オフィスおすすめ部位

ロビー廊下

従来器具との比較

下記例の場合、LEDダウンライト ワンコア(ひと粒)タイプなら蛍光灯や従来LEDよりもほぼ同等の明るさで約40~77%の省エネに!

比較条件:当社蛍光灯器具 NFM41624K ENM(生産終了品)、当社従来LED NNN72075Z LE9(生産終了品)と、ダウンライト XNDN1068WSK LE9の比較。

マルミナ LEDダウンライト ワンコア(ひと粒)タイプ

やわらかでワイドに拡がる光。蛍光灯の雰囲気そのままにLEDでリニューアル。新形状パネルにより、やわらかで壁面上部まで拡がるワイドな光を実現。従来LEDの刺すようなまぶしさを軽減し、心地よく明るさ感のある空間を提案します。

オフィスおすすめ部位

ロビー廊下

従来器具との比較

下記例の場合、マルミナ LEDダウンライト ワンコア(ひと粒)タイプなら従来LEDよりもほぼ同等の明るさで最大輝度1/20に!

比較条件:反射板の輝度比較。見上げ30°時の最大輝度(当社実験値)。
当社従来LED ダウンライト XNDN1068WN LE9と、ダウンライト XNDN1068PV LE9との比較。

リニューアルプレート

既設のダウンライトの埋込穴を利用して簡単にリニューアル。容易に省エネが可能。さまざまな埋込穴でもリニューアルプレートで置き換えできます。

リニューアルプレートの役割

(例)φ175 ← φ150 LEDの場合

150ファイのLEDダウンライトを外周175ファイのリニューアルプレートに、それを175ファイの既設ダウンライト埋込穴に。175ファイの旧ダウンライトが取り外される。

施工方法 タイプA

1:リニューアルプレート取付。2:ダウンライト取付。3:完了。

施工方法 タイプB

1:取付板を天井埋込穴に挿入。2:取付板に補助枠をネジで固定。3:枠を器具に取付。4:枠の付いた器具を取付し完了

施工方法 タイプC

1:取付板を天井埋込穴に挿入。2:取付板に枠をネジで固定。3:器具を枠に取付。4:完了

組み合わせ例

屋内用LEDダウンライト組み合わせ例

軒下用LEDダウンライト組み合わせ例

組み合わせる照明器具によって枠の色およびツヤなど、仕上げに違いがあります。

屋内用LEDダウンライト・LEDユニバーサルダウンライト用

既設の天井埋込穴径
100 125 150 175 200
取付ダウンライト
埋込穴径
75 タイプA
NNN28023K
100 タイプB
NNN80000Z ※1
タイプB
NNN80003Z ※1
125 タイプC
NNN80004Z ※2
150 タイプC
NNN80005K
タイプC
NNN80006K
  • 5~22mmの天井に取り付け可能
  • 12~25mmの天井に取り付け可能
  • 屋外や軒下などの水気や湿気のある場所では使用できません。軒下用をご使用ください。

軒下用LEDダウンライト用

既設の天井埋込穴径
175 200
取付ダウンライト
埋込穴径
150 タイプC
NNK00001W ※3
タイプC
NNK00002W ※4
  • 厚さ5~21mmの天井に取り付け可能
  • 厚さ5~25mmの天井に取り付け可能
  • 断熱施工対応ダウンライトは使用できません。
  • 器具との組み合わせ可否については、器具詳細にてご確認ください。