エコリゾートアイランド沖縄

沖縄のリゾート施設をエコな電気自動車で巡れるようにしたい。EV充電設備ソリューションエコリゾートアイランド沖縄

お客様の課題

沖縄でEVやPHVのレンタカーを普及させたいが充電用スタンドが不足している。

沖縄県は大小の島々から構成されているため、環境容量が小さく、環境負荷の増大への対応が難しいといわれています。また、公共交通機関が発達していないため、自動車利用の依存度が他県に比べて大きく、自動車から排出される温室効果ガスは運輸部門の4割以上を占めています。
このような点から、沖縄県は電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)普及に向けた車両導入や充電設備などの環境整備に取り組んでいます。その一環として進められているのが「エコリゾートアイランド沖縄推進事業」。
近年、沖縄本島のレンタカー登録台数は急増し、観光客のバス・タクシー利用からレンタカー利用へ著しくシフトしています。沖縄県を訪れる年間600万人近い旅行客の半数がレンタカーでドライブを楽しんでおり、レンタカーは旅行会社のパッケージ商品として組み込まれています。
このレンタカーをEVやPHVにすると温室効果ガスの排出量が削減できますが、普及を阻んでいるのは充電設備が不足している点でした。

エルシーヴ用プラグは右側に装着

エルシーヴ用プラグは右側に装着

プラグをエルシーヴに差した給油中は施錠する

プラグをエルシーヴに差した給油中は施錠する

取り組み

充電スタンド ELSEEV(エルシーヴ)を20カ所に設置し、リゾート施設の充電ネットワークを強化。

沖縄県は環境保全を通して沖縄観光の新たなブランド構築を目指し、EVの普及を進めるため、さまざまな施策を行っています。今回の補助金事業は、EV「リーフ」を220台導入すると同時に、本島内各地の宿泊・観光施設にEV充電用スタンドを整備するもの。結果として、ザ・ブセナテラス(名護市)やホテルムーンビーチ(恩納村)などの宿泊施設に加え、琉球村(恩納村)や琉球ガラス村(糸満市)などの観光施設、合計20カ所に[EV・PHEV充電用]充電スタンド ELSEEVが設置されました。

琉球ガラス村(糸満市)

琉球ガラス村(糸満市)

琉球村(恩納村)

琉球村(恩納村)

ホテルムーンビーチ(恩納村)

ホテルムーンビーチ(恩納村)

ムーンオーシャン宜野湾ホテル(宜野湾市)

ムーンオーシャン宜野湾ホテル(宜野湾市)

エコリゾートアイランド沖縄で使用されている製品

エコリゾートアイランド沖縄に関連する事例

メールでのお問い合わせ

ソリューションに関する営業お問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。

PAGETOP

アンケートにご協力ください。

皆様に今後よりサービスを快適にご利用いただけるよう、
ご意見やご感想をお伺いするためのアンケートを実施しております。
皆様の貴重なご意見をお聞かせください。

アンケートに参加する