リノマークス横浜仲町台

既存建物を有効活用しマンションリノベーションで素敵な住居を供給したい。マンション・リノベーションの内装ソリューションリノマークス横浜仲町台

お客様の課題

広さと周辺環境の良さを活かし新築同様の内装グレードでリノベーションマンションを供給したい。

株式会社コスモスイニシア様は、1974年から新築マンション建設を手がけられ、2011年には10万戸の供給を達成。2002年から既設建物を有効活用するマンションリノベーション事業に参入され、2013年には3件目のプロジェクト「リノマークス横浜仲町台」が完成しました。 リノベーションにあたっては、建物全体の耐震性、共用部・専有部を含めた建物の診断が行なわれた上で改修を計画。専有部では、コスモスイニシアの新築マンションと同等の設備仕様と空間グレードが求められました。しかし、リノベーションを行うためには、内装工事に新築以上の高い施工技術と厳しい工程管理が求められます。
新築マンションの内装工事はゼネコン、リニューアルの場合は地場工務店が担当されるケースが多いのですが、リノベーションの戸数が多くなると、複数の工務店を施工監理し、工程を調整することが課題でした。

リノベーションの内装工事は、新築以上の施工技術を工程管理力が求められます。パナソニックは、新築マンションの内装工事を一括受注している実績が認められました。

リノベーションの内装工事は、新築以上の施工技術を工程管理力が求められます。パナソニックは、新築マンションの内装工事を一括受注している実績が認められました。

取り組み

「リノマークス津田沼」でパナソニックの一括内装施工が認められた。

株式会社コスモスイニシア様が最初に1棟リノベーションを手がけたのは2007年にリニューアル竣工した「レシオン武蔵小杉」。3棟161戸の社宅の共用部を改修し、共用部にオートロックを採用するなど、マンションの価値を高め販売されました。ここでは、グッドデザイン賞も受賞されています。
次に手がけられたのが「リノマークス津田沼」。社宅として利用されていた65戸をリノベーションするにあたり、リニューアルと一線を画すために間取りやデザインにもこだわることを計画。限られた工期の中で、多い戸数を高い内装施工品質で施工できる内装サブコンを捜されていました。
そこで白羽の矢が立ったのが、パナソニックES集合住宅エンジニアリング株式会社。「パナソニックが新築マンションの内装工事を一括受注した実績があることを知っていました」と語るのは、株式会社コスモスイニシア マンション事業部企画開発二部 建築課チーフの岸本泰明氏。この物件からリノベーションのブランド名として「リノマークス」が用いられることになりました。

レシオン武蔵小杉

レシオン武蔵小杉

リノマークス津田沼

リノマークス津田沼

さまざまな工夫が盛り込まれた「リノマークス横浜仲町台」

「リノマークス横浜仲町台」は、1994年の新築時から2012年10月まで利用されていた社宅を、1棟リノベーションによって生まれ変わらせた分譲マンション。緑豊かな港北ニュータウンで駅からも近いという環境でありながら、各部屋で約80m²という広さが確保されています。これは、現在の新築マンションでは考えられない立地と広さです。
ここでも、リノベーションの内装サブコンとして、パナソニックはコンセプト段階から工事を受け持つこととなりました。
先ほどの岸本氏は「アイデアを盛り込み、デザインと使いやすさを両立するための凝った設計をした」と語られています。

リノマークス横浜仲町台

リノマークス横浜仲町台

子供が喜ぶ仕掛けに満ちた「3LDK KIDS-PLAN」

南向きの窓から日差しが降り注ぐ「木漏れ日ツリーハウス」や、子供部屋の壁の一部に曲線を描いたR壁を用い、小窓を設けるなど、このプランには子供が喜ぶ仕掛けが数多く組み込まれています。リビング・ダイニングには、日だまりのくつろぎソファで絵本を読んだりできる小上がりを設置。小窓を介して、子供の気配が感じられる空間が創り出されています。

R窓や小窓など、子供が喜ぶ仕掛けが詰まったプラン

R窓や小窓など、子供が喜ぶ仕掛けが詰まったプラン

※画像をクリックすると拡大画像を表示できます

ワイドなリビング・ダイニング・キッチン「3LDK PARTY-PLAN」

ベランダ側の和室を撤去して、約17.7畳のリビング・ダイニングを確保。さらに、既設のクローズドキッチンの場所を移動してアイランド型に配置したプラン。キッチンからリビング全体が見渡せるように、床面を85mm高くしてステージキッチンとされています。ホームパーティでは来られたお客様にサービスが行き届くように、また日常では子供たちの表情までが感じられる空間が創り出されています。

リビングが見渡せるように配置されたステージキッチン

リビングが見渡せるように配置されたステージキッチン

多目的に利用できる土間を設けた「2LDK KIDS-PLAN」

玄関から直接靴のまま上がれる土間スペースを確保してサービスルームとしたプラン。土間スペースのある部屋は自転車などの趣味スペースとしても活用できます。また、押し入れを双方向から利用できるウォークインのファミリー・ストレージにして、キッチンと直結。回遊動線を確保することで、生活シーンの多様化がサポートされています。

玄関脇の部屋を土間スペースのあるサービスルームに

玄関脇の部屋を土間スペースのあるサービスルームに

「残すもの」と「新しくするもの」の見極めがリノベーションを左右する。

マンションリノベーションで重要なのは、既設建物の調査。とくに、一新する内装部は全てを撤去して新しくするのは簡単ですが、それだとコストも工期もかかります。パナソニックは、まず既設内装を厳密にチェックし、「残すもの」と「新しくするもの」を判断。さらに内装建材も、ドア枠や窓枠が補修によって新品同様になれば残すというように、きめ細かな改修計画とコスト管理を行います。これがリノベーションマンションの価格にも影響してきます。

間取り変更のために天井を落としたリビング部と天井を残した廊下部。

間取り変更のために天井を落としたリビング部と天井を残した廊下部。

既設枠を残したドア枠(左)と 新設したドア枠(右)

既設枠を残したドア枠(左)と 新設したドア枠(右)

さらなる広がり

賃貸マンションや客室リノベーションへ商圏を関東から全国に。

「当社はマンション供給を始めて約40年が経過しますが、2002年から始めたマンションリノベーションは、余剰ストックを有効活用するという意味で社会的命題でもありました。当社が手がけた1棟リノベーションマンションはリノマークス横浜仲町台が3件目ですが、今後は賃貸マンションや各室リノベーションなど対象を広げるのに加え、中部・関西・九州など、全国に展開することを計画しています」と前出の岸本氏は語られています。
所在地/神奈川県横浜市都筑区勝田南
事業主/株式会社コスモスイニシア、
    大和ライフネクスト株式会社
既存建物施工/清水建設株式会社
改修工事施工/大和ライフネクスト株式会社(共用部)、
       株式会社コスモスモア(専有部)
内装工事/パナソニックES集合住宅エンジニアリング株式会社
構造・階数/鉄筋コンクリート造 地上6階建
総戸数/18戸
リニューアル竣工/2013年11月

メールでのお問い合わせ

ソリューションに関する営業お問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。

PAGETOP

アンケートにご協力ください。

皆様に今後よりサービスを快適にご利用いただけるよう、
ご意見やご感想をお伺いするためのアンケートを実施しております。
皆様の貴重なご意見をお聞かせください。

アンケートに参加する