他のソフトウェアで作成された3DデータはFBX形式で読込むことが可能です。


1. FBX 読込用のフォルダを作ります

Create -> Folder

※FBXをドロップしたフォルダにMaterial/Textureが展開されるため、

 同一フォルダに 複数のFBXを読み込ませると、Material/Textureが混ざって展開されます。

 管理し易いように、読み込むFBX毎にフォルダを作成してください。


2. FBXファイルをドラッグ&ドロップして下さい

画面右下に進捗を示す丸いアイコンと数字が表示されます。


3.シーンにオブジェクトを配置します

シーンかツリーにドロップします。シーンにオブジェクトが存在する場合は、オブジェクトに触った位置に配置することができます。

FBXファイルが内部に持っている座標に確実に配置されたいときは、ツリーにドロップすることをお勧めします。

※シーンに配置したオブジェクトを見失った場合は、ツリー上のオブジェクトをダブルクリックすると、そのオブジェクトにカメラが移動します。