LED照明器具の標準保守率の改訂について


平成25年10月1日に照明学会から次の技術指針が発行されました。

「照明設計の保守率と保守計画 第3版 −LED対応増補版−」
照明学会・技術指針 JIEG-001(2013)
照明学会ホームページは こちら

以下、本指針に基づく弊社のLED照明器具の標準保守率の改訂と照明設計ツールの変更方法について説明します。

標準保守率の改訂 照明設計ツールの変更方法

LED照明器具の標準保守率の改訂


保守率とは
光源の明るさは、点灯時間とともに低下します。また、照明器具の汚れによっても明るさは低下します。 このように時間の経過に伴なって暗くなる分をあらかじめ見込んでおく係数を保守率といい、下式で表されます。

M=Ml×Md

M:保守率 Ml:光源の設計光束維持率 Md:照明器具の設計光束維持率(汚れによる低下分)

蛍光ランプなど従来の光源については、照明学会の技術指針(JIEG-001(2005))にて、MdとMl、また標準的な保守率が定められていましたが、LEDの規定はなく、便宜的に従来光源と同じMdにて計算していました(Mlは寿命末期の光束維持率にて規定)。 今回の増補版においてLEDのMdについて定められ、それに伴いLED照明器具の保守率が向上することとなりました(Mlについては規定されず、寿命試験の結果による。寿命試験を実施していないものはMl=0.7と仮定)。

従来光源の照明器具の標準保守率の例
(交換時間:10000H、清掃間隔:1年)
例えば、下面開放形、周囲環境が「普通」の場合、0.69





分離形LED照明器具の設計光束維持率(Md)の設定
従来光源の照明器具とほぼ同じ構造とみなすことができるので、技術指針JIEG-001(2005)の器具種類・種別を適用して設計光束維持率を求めます。 ただし、LEDランプは上方光束が少なく、相対的に汚れの影響を受けにくいと考えられることから一部の器具種類についてカテゴリーが変更されMdが向上しています。(下表参照)

技術指針
JIEG-001(2005)

LED対応増補版
※( )内の数字は清掃間隔1年の場合の設計光束維持率


一体形LED照明器具の設計光束維持率(Md)の設定
一体形LED照明器具については構造により以下の器具種類、種別に分類されています。(下表参照)

LED対応増補版


各ツールの標準(デフォルト)保守率の変更方法


各ツールの標準保守率の変更方法について説明します。


ルミナスプランナー、ルミナスプランナーライト(バージョン6.0以上)
【ネット接続あり】
タイトルバー(ウィンドウの上辺)に「ネット接続あり」の表示があれば、最新の標準保守率に自動更新されていますので、再インストールなどの作業は不要です。
過去のファイルを読み込んだときの説明は こちら
【ネット接続なし】
ネットワークに接続されていないパソコンでは、上記の自動更新ができていません。
ネットワークに接続して「環境設定」「照明器具ディレクトリ」の「ネット接続あり」にチェックして自動更新を有効にするか、下記の
「ルミナスプランナー照明器具データ更新」を参照ください。
「ルミナスプランナー照明器具データ更新」は こちら
過去のファイルを読み込んだときの説明は こちら


ルミナスプランナー、ルミナスプランナーライト(バージョン5.9以下)、CEC/L計算プログラム
ネットワークによる更新ができません。バージョンアップをご検討ください。
ルミナスプランナー バージョンアップは、お問い合わせ専用サポートメールよりご連絡ください。サポートメールは こちら
ルミナスプランナーライト バージョンアップは こちら
CEC/L バージョンアップは こちら


過去に保存した計算データファイルを読み込んだとき
各ツールとも過去のファイルを開いたときの保守率は入力したときの値のままです。(変更していなければ従来の標準値)
あたらしい標準値に変更するときは、照明器具再選択の操作が必要です。