令和3年度補正「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」

閉じる

国の補助金について

公募兼交付申請書の提出期間

  • 令和4年3月31日(木)~9月30日(金)[予定]
  • [一般社団法人 次世代自動車振興センター必着]

実績報告提出期限

  • 令和5年1月31日(火)[予定]
  • [一般社団法人 次世代自動車振興センター必着]

令和3年度補正予算

今回の補助金のポイント

  • ●補助金申請は、公募兼交付申請方式。
  • ●普通充電設備の追加、及び入替設置も補助金対象となります。
  • ●経路充電、目的地充電への設置では、「充電設備が24時間利用の可否を申告すること」が必要です。

高速道路SA・PA及び道の駅等への充電設備設置事業(経路充電)

事業内容
「高速道路SA・PA 等」「道の駅」「給油所」「公道」「空白地域」における電欠防止の観点から重要な経路充電または電気自動車等の利便性向上の観点から特に有効と考えられる施設における経路充電のための充電設備設置事業
主な条件
  • ・充電設備の場所や利用可能時間、メンテナンス等による休止状況および空き状況などを利用者が誰でもインターネット上で確認できること。
  • ・道の駅は、国土交通省に道の駅として登録されていること。なお、新設の「道の駅」で国土交通省に登録がされていない場合は、国土交通省が行う。「令和4年度道の駅第57回・第58回登録」に向けての申請が完了しているか、完了する見込みであること。
  • ・空白地域とは、原則、公道上、道のり15km以内に急速の公共用充電設備がないこと。
    (高速道路SA・PA等の充電設備は含まない。)単体で設置する場合は急速充電設備のみ対象。
  • ・給油所は、設置場所が揮発油販売業者の給油所として登録されていること。

商業施設及び宿泊施設等への充電設備設置事業(目的地充電)

事業内容
「商業施設および宿泊施設等」、電気自動車等の利便性向上の観点から特に有効と考えられる施設における目的地充電のための充電設備設置事業
主な条件
  • ・充電設備の場所や利用可能時間、メンテナンス等による休止状況および空き状況などを利用者が誰でもインターネット上で確認できること。
  • ・施設は、「商業施設」、「宿泊施設」、「観光施設」、「遊戯施設」、「公共施設」、「飲食施設」、「時間貸し駐車場」等であること。

マンション、月極駐車場及び事務所・工場等への充電設備設置事業(基礎充電)

事業内容①
分譲または賃貸のマンション等に属する駐車場における基礎充電のための充電設備設置事業
主な条件
  • ・充電設備の利用者は、当該マンション等の居住者または、駐車場の契約者。
  • ・充電設備の受電元は、マンション等の共用部の配電盤、分電盤等または充電設備専用の別引込であること。
  • ・ただし、賃貸マンション等の所有者が自らの駐車場に設置する目的は申請できません。
事業内容②
「月極駐車場」における基礎充電のための充電設備設置事業
主な条件
  • ・充電設備の利用は、月極駐車場の契約者であること。
  • ・月極駐車場の賃貸借契約書を提出できること。
  • ・月極駐車場の所有者が使用することを目的とした申請でないこと。
事業内容③
「事務所・工場等」に勤務する従業員が利用する駐車場や事業者が所有する社有車の駐車場における基礎充電のための充電設備設置事業
主な条件
  • ・社有車駐車場、従業員駐車場と敷地内の区画を明確に分けていること。
  • ・事務所・工場等の申請にて、電気自動車の今後の購入する台数と時期を申告すること。
    (購入車は、新車(リース含む)のみ対象です)
  • ・事務所・工場等への設置で、申請者が個人の場合、申請できません。
  • ・駐車場が自宅兼事務所等に付随している場合、申請できません。

補助金申請から補助金交付までの流れ

補助金申請から補助金交付までの流れ
  • 必要書類に不備がある場合や、確認すべき事由または修正の必要がある場合等は、書類の不備を修正するよう一般社団法人 次世代自動車振興センターから連絡があります。
    不備の修正が完了するまで申請は受付されませんのでご注意ください。

交付申請募集期間

  • 公募兼交付申請期間
  • 令和4年3月31日(木)~9月30日(金)[予定][一般社団法人 次世代自動車振興センター必着]
  • 実績報告提出期限
  • 令和5年1月31日(火)[予定][一般社団法人 次世代自動車振興センター必着]

主な補助対象機種と補助金交付上限額2022年5月現在

主な補助対象機種

主な補助対象機種

昨年度からの主な変化点

昨年度からの主な変化点

参考補助事業の対象項目(概要)

「充電設備の購入費」と「設備工事費」の2つがあります。

  • 1.充電設備の購入費
  • 機器購入
  • 2.設備工事費
  • 電気配線工事
  • 充電器基礎・据付工事
  • 配管・ブレーカー工事
  • 付帯設備 など
充電設備の購入費 設備工事費

普通充電設備(パナソニック製品の一部抜粋)

メーカー名 型式 区分 補助金交付上限額
(千円)
種別 6kW
出力
運用費
低減機能
経路 目的地 基礎
パナソニック DNH323 普通充電
設備
    70 70 70
DNH326   85 85 85
DNE3000K     150 150 150
DNE3300K     200 200 200
DNC321K     85 85 85
DNM321S     120 120 120
DNC321PK   90 90 90
DNM321PS   125 125 125
WK4322S,Q,W,B 充電用
コンセント
    1 1 1
WK4422S,Q,W,B     5 5 5
WK3911K     1 1 1
WK39115K     1 1 1
DNM2010     19 19 19
DNE201K     20 20 20
DNM021S,Q,B 充電用
コンセント
スタンド
    49 49 49
DNE001K     60 60 60
BPE021     27 27 27
BPE221     41 41 41
  1. 補助金額は購入金額により変動します。
  2. その他対象品番は一般社団法人次世代自動車振興センターのホームページでご確認ください。
  3. 補助金を受けるためには一般社団法人 次世代自動車振興センターの公募で採択される必要があります。
  4. 補助金額が予算を超えると予想される場合は申請期間中であっても終了する場合があります。

補助金の申請に関するお問い合わせ

一般社団法人 次世代自動車振興センター
充電インフラ部 コールセンター

TEL:03-3548-9100
受付時間:平日のみ9:00~12:00、13:00~17:00
URL:http://www.cev-pc.or.jp/

はじめようMode3はじめようMode3