一体型LEDベースライト iDシリーズ「ウィズリモ」

閉じる
片手でらくらく、すぐに使える明るさ調整「ウィズリモ」

一体型LEDベースライト iDシリーズ「ウィズリモ」は信号線工事や初期設定が不要で、送信器(リモコン)で明るさ調整がすぐにできるベースライトです。調整したい器具に送信器を向けてボタンを押すだけで、感覚的に操作できます。一台ずつ調整できるため、省エネ・快適さにあわせた様々なシーンに使えます。

短工期・省施工で、リモコンですぐに明るさ調整(節電)ができる「ウィズリモ」紹介動画

信号線工事や初期設定が不要で、送信器(リモコン)で明るさ調整がすぐにできる一体型LEDベースライト iDシリーズ「ウィズリモ」。
①器具交換だけでかんたん!②設定不要でかんたん!③一台ずつ明るさ調整でかんたん!の特長について、わかりやすく動画(3分34秒)で解説しています。

ウィズリモ3つのかんたん!

器具交換だけでかんたん!

信号線工事が不要で、短工期・省施工です。

信号線の配線工事の手間が不要 イラスト

信号線の配線工事の手間が不要。

既設の蛍光灯器具を取り外して、新しいLED 器具を取り付けるだけ! イラスト

既設の蛍光灯器具を取り外して、新しいLED 器具を取り付けるだけ!

設定不要でかんたん!

初期設定・チャンネル設定・ペアリングなどの難しい設定は不要。
明るさを調整したいウィズリモ照明器具に送信器を向け、ボタンを押すだけ。直感的に操作することができます。

操作シーンイラスト

一台ずつ明るさ調整でかんたん!

指向性の高い送信器で、狙った器具の明るさを1台ずつ調整できます。
送信器一台でどの部屋のウィズリモ照明器具にも対応。複数の送信器が混在しても問題ありません。

  • 照明器具10~15台につき送信器1台の使用を想定(使用環境により異なります)
狙ったウィズリモ照明器具を1台ずつ調整 イラスト

狙ったウィズリモ照明器具を1台ずつ調整。

信器1台でどのウィズリモ照明器具にも対応 イラスト

送信器1台でどのウィズリモ照明器具にも対応。

1つの部屋で複数の送信器が利用可能 イラスト

1つの部屋で複数の送信器が利用可能です。
部署ごとなどに、送信器を用意することで使い勝手が向上します。

指向性の高い送信器 指向性 中心から10°

節電イメージ

節電時の明るさ感イメージ

100%点灯 / 70%調光 約30%節電 / 50%調光 約50%節電 / 不在エリアを個別に消灯すればさらに節電効果アップ!

電気料金比較イメージ

調光による節電で、電気料金の削減も期待できます

各電力会社とも電気料金が高騰!すでに3割近くアップの電力管内も! 電気料金3割アップ想定時 非調光器具「一体型LEDベースライトiDシリーズ」100%点灯と比較 / 「一体型LEDベースライトiDシリーズ ウィズリモ」70%調光 約30%削減 /  「一体型LEDベースライトiDシリーズ ウィズリモ」50%調光 約50%削減

性能/ランニングコスト比較

性能比較 iDシリーズ ウィズリモと、iDシリーズ 一般タイプ(2012年製)・従来蛍光灯との比較

器具台数:54台

従来蛍光灯 iDシリーズ
ウィズリモ
iDシリーズ
非調光器具
(2012年製)

Hf32形定格出力型×2灯
(FSA42001F VPN9)
2019年生産終了品

Hf32形定格出力型×2灯
5200 lmタイプ
直付XLX450DENP RC9

Hf32形定格出力型×2灯
5200 lmタイプ
直付XL953SFV LE9

調光率

-

100% 70% 50%

-

平均照度 753 lx 834 lx 582 lx 416 lx 834 lx
消費電力

66W

32W

22.4W

従来蛍光灯と
比較して

約66%節電
iDシリーズ
非調光器具と
比較して

約52%節電

16W

47W

合計消費電力

66W×54台=3564W

32W×54台=1728W

22.4W×54台=1210W

従来蛍光灯と
比較して

約66%節電
iDシリーズ
非調光器具と
比較して

約52%節電

16W×54台=864W

47W×54台=2538W

照度分布図

従来蛍光灯 照度分布図

iDシリーズウィズリモ 照度分布図 100%

iDシリーズウィズリモ 照度分布図 70%

iDシリーズウィズリモ 照度分布図 50%

iDシリーズ(2012年製)一般タイプ 照度分布図

※当社蛍光灯器具FSA42001F VPN9(2019年生産終了品)、iDシリーズ40形 DスタイルW230 5200 lmタイプ(直付XL953SFV LE9)とiDシリーズ ウィズリモ 40形 DスタイルW230 5200 lmタイプ(直付XLX450DENP RC9)の比較。

比較条件 : 設置台数54台、室空間19.2m×12.8m×天井高さ2.7m /反射率:天井70%、壁30%、床10% 保守率:蛍光灯0.69、LED器具0.81

ランニングコスト比較

グラフ:約2.3年で初期費用差額回収

※当社iDシリーズ40形 DスタイルW230 6900 lmタイプ(直付XLX460DENP LE9)とiDシリーズウィズリモ40形 DスタイルW230 6900 lmタイプ(直付XLX460DENP RC9)の比較。

試算条件:ウィズリモは調光率70%での運用想定、設置台数54台、保守率0.81、電力料金単価:25円/kWh(税抜)[日本照明工業会 ガイドA139]、年間点灯時間3000時間

工事費は含まれていません。記載価格は税抜です。

ウィズリモシーン別活用例

在宅勤務が増え、人がまばらになった事務所の明るさ調整(節電)に

ウィズリモで人がいないエリアを、こまめに消灯。1台ずつ明るさ調整可能なので、毎日人が入れ替わっても対応できます。

フロア全体が点灯

人がいないエリアでも、照明が点灯。無駄なエネルギーを浪費してしまいます。

不在エリアをOFF

ウィズリモなら…消したい器具を1台ずつ消灯できます。

  • 電源投入時は、電源遮断前の照明状態が再現されます(消灯も記憶されます)。

プルスイッチ(引きひも)がついた事務所も、リモコンで明るさ調整可能に

ウィズリモで座ったまま明るさ調整が可能。引きひもがなく、見た目もスッキリします。

座ったままでも明るさ調整 利用前イラスト

プルスイッチ(引きひも)でON/OFFを操作。見た目が悪く、加えて引きひもが切れる可能性があります。

座ったままでも明るさ調整 利用後イラスト

ウィズリモなら…座ったままでも明るさ調整が可能。引きひもがなく見た目がスッキリします。

蛍光灯からLEDに改修した直後、明るすぎた場合でも、すぐに明るさ調整可能

ウィズリモで施工直後の明るさを、送信器ですぐに調整。お好みの明るさで作業環境を維持します。

明るさ調整 利用前イラスト

蛍光灯からLED に改修すると、明るすぎる場合があります。

明るさ調整 利用後イラスト

ウィズリモなら…LED に改修直後、明るすぎた現場でもすぐに明るさを調整できます。

関連商品

中規模・大規模施設向けには、512回路までの無線調光が可能な「WiLIA(ウィリア)」、小規模施設向けには、1回路の簡単無線調光「PiPit(ピピっと)調光シリーズ」も品ぞろえしています。