安心品質実験レポート:光束維持信頼性

閉じる
長く使っても暗くなりにくい 光束維持信頼性

光源の部材の耐久性を確認するためガス腐食試験を実施

パナソニックの光源部材が、空気中のガスの影響などに強い部材か、LEDダウンライトの発光部をガス腐食試験でテストしました。JIS C 60068-2-43に基づいたガス腐食試験環境※で、LEDダウンライトの発光部を挿入し、約1000時間の加速評価を実施。その後の測定においても90%以上の光束があることを確認することができました。

※一般環境に存在する硫化水素の100~1000倍の濃度の環境

  • ■ガス腐食試験

    発光部を試験機に入れ、腐食性ガスで満たす。

  •  

    試験機から取り出した発光部を光束測定器で測定。

  •  

    腐食ガスに1000時間さらした発光部。

  • ■LED発光部の変化

動画で見る 【光束維持信頼性】

※この動画コンテンツは2011年以前に作成したものです。

ガス腐食実験とは?

腐食性ガスは、排気ガスなどにも含まれており、ガス腐食試験は、電子部品などの耐久性を確認する一般的な試験の一つです。
環境試験方法 -電気・電子-JIS C 60068-2-43 接点及び接続部の硫化水素試験法

会員登録無料
住宅・建築設備Webビジネス会員 募集中!
  • パナソニックならではのLED照明の情報をお届けします。その他にも、照明設計をサポートする数々のサービスをぜひご利用ください。

    会員登録はこちら

  • 主な会員限定サービス
    • 提案書や見積書の作成に
      「置き換え提案書・見積作成サービス」

    • 品番検索から照度計算までスピーディーに
      「照明器具検索ブックマーク」

    • 現場調査をスマートフォン1つで
      「かんたんスマホ現調」

    • 配光のイメージをCGで確認
      「配光シミュレーション」

    • LEDマイページ
      「マイメニュー編集」

    • 毎月LED照明の最新情報をお届け
      「メールマガジン」

    • お気に入りの納入事例が保存できる
      「事例ブックマーク機能」