送風機器

低濃度脱硝装置

トンネルから排出される空気に含まれる二酸化窒素(NO2)をハニカム状の吸収剤を利用して化学反応により除去します。

低濃度のNO2を常温で高効率除去

■吸収剤はハニカム状に成形することで、気流の整流を図り圧力損失を大幅に低減しています。 ■一旦吸着したNO2をKNO2、KNO3の塩として化学的に吸収除去するため、NO2が再び放出されることはありません。 ■吸着したNO2を塩として多孔質構造の吸収剤奥深くに取り込むことにより、除去性能が長期間安定して持続します。 ■吸収剤は工場持ち帰り再生のため、本設備に再生のための補機類が不要です。

システム構成

システム構成のイメージ図

仕様

主成分 活性炭石こう結合材 KOH
処理風量 3m3/s
寸法 924mm
高さ 1100mm
奥行 1240mm
概算質量 440kg
NO2 除去率 90%以上
圧力損失 400Pa以下
軽量型ジェットファンの写真
▲吸収剤ユニット
基本プロセス
基本プロセスのイメージ図

トンネルや地下駐車場から排出される空気に含まれた窒素酸化物NO2を取り除くシステムです。
乾式吸収剤により化学反応によってNO2を吸収除去。処理風速や濃度の変動にも安定した性能を発揮します。
機能が低下した吸収剤は再生してくり返し使用することができます。
吸収剤の再生プロセスで発生する廃液は中和、脱窒処理して放流します。