広島建設 株式会社さま

2014年9月30日

スマートコスモ(HEMS対応)でこれから変化する電力事情に対応

太陽光発電にはHEMSをご提案!モニターの見やすさもアピール


モダン、ナチュラルと2タイプの家を比較でき、イメージが湧きやすい。

−「セナリオハウス 流山おおたかの森展示場」の特徴、コンセプトはどのようなものでしょうか。

扇谷 タイプも広さも異なる45坪、35坪の2軒を見学していただけます。コンセプトは『中2階のある家』で、中2階やロフトなどを含め、間取りを自由に決められる自由設計です。当社の営業担当者は二級建築士以上の資格を取得しているので、専門的な知識があり、プランや見積もりを作成してお客さまと一緒に家を形にしていくことも特徴です。


−スマートHEMSを採用された理由を教えてください。

扇谷 スマートHEMSなら、回路ごとの電気の流れが見える化でき、よりかしこく節電対策できるからです。「家を建てるなら太陽光発電にしたい」というお客さまがほとんどなので、専用モニターやテレビでも電気の流れが見え、太陽光発電のモニターよりも見やすいこと、「つくった電気」「使った電気」などを細かく見ることができ、ムダを省けることをご説明しています。また、停電時に役立つよう、あわせて小型蓄電池も採用しました。

スマートコスモは、デザインがスッキリ!施工性も高いのが魅力


−スマートコスモを採用されていますが、その魅力はどんなところでしょうか。

扇谷 デザインがスッキリしていることですね。一般的に住宅分電盤は洗面所などに設置しますが、スマートコスモなら周りにブレーカや計測ユニットなどの周辺機器を付けなくてよいので、スッキリまとまりお客さまにおすすめしやすいです。また、取り付け工事をする側としては、分岐回路ごとにC Tの取り付けが不要なので施工性に優れていることもメリットの1つです。


−今後、どのようにスマートコスモをご提案されますか。

扇谷 最初から住宅分電盤にこだわっているというお客さまはほとんどいらっしゃいませんが、新築でHEMSを採用される方には、「AiSEGと連携させるときに周辺機器が1つにまとまってスッキリする」ということをお伝えしようと思っています。

電気の使用量の「見える化」でHEMSをご紹介

−今後の電力小売の自由化などを想定し、HEMSをどのようにアピールされますか。

扇谷 家を建てたいとお考えの方は、「HEMS」という言葉をどこかで聞いていることが多く、関心を持っている方も増えたと感じています。ただ、具体的にどう活用すればよいのかわからない方も多いので、こちらで実際に専用モニターやビエラを使って画面を見ていただきながら説明し、“電気の見える化”を体験していただきたいと思います。


ビエラを使って説明することも。ペンギン画面はお子さまに人気。

リチウムイオン蓄電池の停電時状態も体験


置き場に困らない、壁掛けタイプを採用。リビングに設置してもスッキリ。

この展示場の特徴の1つですが、実際に停電時に蓄電池がどのような働きをするかを体験することができます。電源を切って部屋が暗くなると、蓄電池が自動的に電気を供給し、あらかじめ設定していた電気回路のダウンライト(照明)がつくのを見ていただけます。蓄電池に興味のある方の多くは、停電時など「もしもの時」の備えとして考えているようです。蓄電池の必要性は言葉だけでは伝わりにくいですが、このように体験コーナーを設けることで理解していただきやすくなったと思います。

注)リチウムイオン蓄電システムは、スマートHEMSとはシステム連動していません。


広島建設株式会社(セナリオハウス)
流山おおたかの森展示場

千葉県流山市西初石5丁目(B53街区)
流山おおたかの森住宅公園内

お問い合わせ:TEL 04-7159-0117(火、水曜定休日)


注)リチウムイオン蓄電システムは、スマートHEMSとはシステム連動していません。