スマートHEMS : 本体でできること(創蓄連携システム)

一覧

TOP

太陽光発電とリチウムイオン蓄電池を連携させると、平常時の節電はもちろん、非常時は生活に必要な電力を安定供給します。

創・蓄・省をトータルマネジメント

創エネ・蓄エネ・省エネをトータルで管理。太陽光発電で電気をつくり、リチウムイオン蓄電池に電気をため、住まいの電気をかしこく使います。

ふだんは太陽光で発電し、太太陽光が発電しない雨の日や夜は夜間に蓄えた電気で補って買う電気を減らす!停電時は昼は太陽光の電気でまかなえて、蓄電池に充電も可能、夜は蓄えた電気を使い、翌日の昼間は太陽光で再び充電!停電時も安心!

蓄電池を電気料金に合わせて、かしこく充放電

AiSEG2に電気料金※1プランを設定→そのプランに適したスケジュールで創蓄連携システム※2を運転→季節別のプランや曜日別のプランにも対応できて便利。
  • 対象の電力会社は、北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力です。
    また各電力会社から新料金メニューが出された場合、料金シュミレーションに反映するのに数ヵ月かかる場合があります。
  • 創蓄連携システムをカスタム運転モードに設定している時のみ利用可能。
  • 対応機種は、AiSEG対応のパナソニック製創蓄連携システムです。

停電時に使用できる電力情報が見えて安心※1

停電時は、リチウムイオン蓄電池の電気が利用でき、蓄電池の電気使用量がモニターで確認できます。
さらに、残りの使用可能時間もわかるので安心です。 

  • スマートHEMSと蓄電池ネットアダプタ(LJ-NA01)の組み合わせもしくは、創蓄連携システム利用時のみ可能です。
  • 上記機能はAiSEG固有の機能ではなく創蓄連携システムの機能となります。