ルーター機能や仕様によって機器接続できない場合の対応方法

AiSEG2とAiSEG2対応機器を有線/無線LANで接続するには、ルーター(市販品)が必要です。
ただしルーターの機能や仕様によって、機器接続できない場合があります。(※)
この場合、以下の1、2のいずれかをご対応ください。

  • ネットワーク機器がルーターに接続しているにも関わらず、ネットワーク機器が登録できない場合は
    ルーターの機能や仕様が影響している可能性があります。
    (ネットワークにつながらない、機器登録時に「登録するネットワーク機器はありません」と表示されるなど)
  • IGMP snooping機能付きのルーターにおいて、AiSEG2と接続機器間で機器接続できない場合があります。
    IGMP snooping機能なしのルーターをお使いいただくか、IGMP snooping機能をオフにしてお使いください。
    上記の場合でも接続できない場合は、当社推奨ルーターをお使いください。

1.当社推奨ルーターへの交換

  • WSR-2533DHP3(バッファロー製)
  • PA-WG1200HP3(NEC プラットフォームズ製)

2.ご使用ルーターの配下に下記ルーターを接続

  • WSR-2533DHP3(バッファロー製)
推奨ルーター
  • 動作モードをAPモードに設定の上、ご使用のルーターのLANポートと推奨ルーターのインターネットポートをLANケーブルで接続してください。
  • AiSEG2及び対応機器は推奨ルーターに接続してください。

[ルーターご使用時共通の注意事項]

  • 無線LANは無線電波状況により、接続できない場合もあります。
  • 中継機を使用する場合には、ルーターも同一メーカーをご使用することを推奨します。
  • ルーターのファームウェアは最新にアップデートしてお使いください。
  • ルーターの設定については、ルーターの取り扱い説明書をご覧ください。