端末のセキュリティ設定確認・変更のお願い(TLS1.1 脆弱性対策)

「https://」で始まるURLで利用している通信暗号化方式「TLS1.1」において、脆弱性が発見されました。
この脆弱性により、「悪意のある第三者に暗号化されている通信の内容が漏えいする可能性がある」と報じられております。

この状況を踏まえパナソニック(株)ライフソリューションズ社では、お客様の情報保護を第一に考え、通信の安全性を確保するため、
2020年10月11日(日)より「TLS1.1」での通信を廃止いたします。

これにともない、お客様の閲覧環境で「TLS1.2」が有効になってない場合には、ほぼすべての弊社サイトが閲覧いただけなくなります。
お手数をおかけしますが、以下に従って確認、対応をお願いいたします。

1. お使いの環境をチェックしてください

▼セキュリティ設定チェックサイト

https://www.is.jp.panasonic.com/i/pacheck3/

上記ページで”TLSの設定に問題はありません。/TLS1.2 has been enabled on your web browser.” と表示されれば、以下の作業は不要です。

2. 必要に応じてブラウザーの設定を変更してください

上記ページで”TLS1.2を有効にしてください。/Please enable TLS 1.2 on your web browser.” と表示された場合、
以下の設定方法にしたがって、「TLS1.2」を有効にしていただきますようお願いいたします。

▼Internet Explorer(IE)の場合

  1. IE の[ツール]メニューの[インターネット オプション]をクリックします。
  2. [インターネット オプション]ダイアログ ボックスの[詳細設定]タブをクリックします。
  3. [セキュリティ]カテゴリーで、[TLS 1.2 の使用]のチェックボックスをチェックして、[適用]または[OK]をクリックします。
    インターネットオプション 設定画面
  4. IEのウィンドウをすべて閉じてから再起動し、もう一度チェックサイトを開いてください。

▼Windwos10+その他のブラウザーの場合

  1. 「Windowsの設定」で「ネットワークとインターネット」を選んで開きます。
  2. 画面右下の「ネットワークと共有センター」を選んで開きます。
  3. 画面左下の「インターネット オプション」を選んで開きます。
  4. [インターネットのプロパティ]ダイアログボックスの[詳細設定]タブをクリックします。
  5. [セキュリティ]カテゴリーで、[TLS1.2の使用]のチェックボックスをチェックして、[適用]または[OK]をクリックします。
    インターネットのプロパティ 設定画面
  6. ブラウザのウィンドウをすべて閉じてから再起動し、もう一度チェックサイトを開いてください。

▼Mac・スマートフォン・タブレット等の場合

最新のOSまたはブラウザーにアップデートしてください。



お客様にはお手数をお掛けいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

※「TLS1.2」が有効でない場合、10月11日以降、ほぼすべての弊社サイトが閲覧できなくなりますので、ご注意ください。