光の質へのこだわり 空間の魅力を引き出すために。

無線調光シリーズ「WiLIA(ウィリア)」は、パナソニック独自の通信方式を採用した、無線調光システムです。オフィス・店舗・工場・倉庫など、施設の種類や用途に合わせた「マルチマネージャーExタイプ」「フル2線式リモコンタイプ」の2タイプのシステムをご用意しております。

施設の種類や用途に合わせた2タイプのシステム

マルチマネージャーExタイプ フル2線式リモコンタイプ
商品画像 商品画像
おすすめ用途 店舗・専門店
エントランス
パブリックスペース
執務エリア(単独運用)
オフィス・執務エリア
工場
倉庫
学校
周波数・方式 920MHz帯 WiLIA方式
通信距離 35m
回路数 512回路(512台) ※個別制御 28回路(1792台)
シーン設定数 32シーン/エリア 72シーン/システム
※伝送ユニット1台あたり
スケジュール設定数 16/日・16/週・年間 30パターン×n・年間
※年間プログラムタイマーユニット1台あたり
明るさセンサ制御 8ゾーン 28ゾーン/システム
※伝送ユニット1台あたり
設定方法 タブレット スマートフォン&設定器
調光回路ごとの操作 エリア・ゾーン・個別器具ごとに可能 パターンスイッチに調光回路を割付

「PiPit調光シリーズ」との違い

目的・用途・規模に応じてかしこく使い分け

WiLIA無線調光シリーズ PiPit調光シリーズ
商品画像

多回路個別制御

多彩な演出、運用が可能

商品画像

単回路群制御

簡単に調光可能

おすすめ規模 中規模の施設 小規模の施設
回路数

マルチEx 512回路(512台)

フル2線 28回路(1792台)

1回路
※半径100m内18システムまで
シーン設定数

マルチEx 32シーン/エリア

フル2線 72シーン/全体

2シーン
(PiPit+セパレートセルコンAタイプ使用時)

独自の新通信方式で安定性の高い通信を実現

通信信頼性の高い920MHz帯を採用

■2.4GHzと920MHzの電波減衰比較

安定通信の参考画像
安定通信の参考画像

LED照明に調光機能をプラスし、さらなる省エネ

LED照明に調光機能をプラスすることで、さらなる省エネによりコストパフォーマンスの向上が期待できます。

従来蛍光灯 無線調光シリーズ「WiLIA」
商品画像

FSA42001F VPN9
(2019年3月末生産終了品)

商品画像

直付XLX450DENT RX9

100%点灯 60%調光
年間消費電力 3564W 1755.0W
約50.8%
省エネ
1053.0W
約70.5%
省エネ
年間電気代 約32.3万円 約13.2万円
約19.1万円
お得
約7.9万円
約24.4万円
お得

※当社従来蛍光灯器具FSA42001F VPN9×54台(2019年3月末生産終了品)とiDシリーズ40形5200 lmタイプ(WiLIA無線調光シリーズ:直付XLX450DENT RX9×54台)との比較。設定操作用タブレットEx、マルチマネージャーEx、LS/無線信号変換インターフェース、スイッチ子器各1台。電力料金目安単価:25円/kWh(税抜)、年間点灯時間3000時間、従来蛍光灯器具の交換費用(器具代・ランプ代)を含む。

3つのアンテナダイバーシティ技術

3つのアンテナダイバーシティ技術により、ワンホップでの通信距離35mを実現しています。

①指向性ダイバーシティ

複数の照明がさまざまな場所に設置される

どの方向から電波が来ても
キャッチできる

②偏波ダイバーシティ

照明の種類により電波の向き(偏波)が異なる

どの向きの電波でも
キャッチできる

③空間ダイバーシティ

施工したら動かせない(電波の強い場所への変更不可)

動かさなくても2つのアンテナで
キャッチできる

ラインアップ