パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電気・建築設備ライフソリューション > 照明器具 > 演出照明機器 > ダイナミック演出 > 納入事例 > 東武スカイツリーライン 隅田川橋梁ライトアップ

納入事例|ダイナミック演出(LEDカラー演出照明)納入事例 Cases

DYNAMIC
東武スカイツリーライン 隅田川橋梁ライトアップ|ダイナミック演出(LEDカラー演出照明)|納入事例 |

まちをつなぐ色彩の架け橋

東武スカイツリーライン 隅田川橋梁ライトアップ | ダイナミック演出(LEDカラー演出照明)|納入事例 |

あかりのコラボレーションで浅草と東京スカイツリーが一つの絵になる瞬間。|ダイナミック演出(LEDカラー演出照明)|納入事例 | あかりのコラボレーションで浅草と東京スカイツリーが一つの絵になる瞬間。

東武スカイツリーライン・浅草~とうきょうスカイツリー間の隅田川に架かる隅田川橋梁。開通は昭和6年という歴史ある鉄道橋である。車窓の景観への配慮から、国内では珍しい中路橋という構造であり、その歴史の深さと希少性の高さから、鉄(かね)の橋百選にも選ばれている。
2018年4月から、浅草・東京スカイツリーエリアの賑わいの創出と回遊性の向上をめざし、この隅田川橋梁でライトアップが行われることになった。日々の演出は、東京スカイツリーの「粋」「雅」「幟」の3つのライティングをイメージした色彩を配することで、東京スカイツリーとのあかりのコラボレーションを実現。また、隅田公園桜まつりなど、四季折々で行われる地域のイベント等にもあわせた演出も行われる。照明デザインは美と品格を追求し、隅田川に架かる他の12橋と調和しながら、鉄道橋としての存在感を示す演出が施された。これらのあかりは、東京スカイツリーの展望台からはもちろん、隅田川公園や隅田川を運航するクルーズ船など、エリアのさまざまな場所から観ることができる。
伝統・文化と先進性が融合した観光地をめざす浅草・東京スカイツリーエリア。そのまちづくりを象徴するあかりの共演は、次代への架け橋となっていく。

  • 東武スカイツリーライン 隅田川橋梁ライトアップ | ダイナミック演出(LEDカラー演出照明)|納入事例 |
  • 東武スカイツリーライン 隅田川橋梁ライトアップ | ダイナミック演出(LEDカラー演出照明)|納入事例 |
  • 東武スカイツリーライン 隅田川橋梁ライトアップ | ダイナミック演出(LEDカラー演出照明)|納入事例 |
  • 東武スカイツリーライン 隅田川橋梁ライトアップ | ダイナミック演出(LEDカラー演出照明)|納入事例 |
  • 東武スカイツリーライン 隅田川橋梁ライトアップ | ダイナミック演出(LEDカラー演出照明)|納入事例 |
所 在 地 東京都墨田区・台東区
施   主 東武鉄道株式会社
照明デザイン パナソニック株式会社
使用器具 ダイナワン 狭角9°(RGBW)×40台
ドット9(RGB)×34台
スポットライト(昼白色5000K)×52台
主制御盤×1台
電気工事 東武電設工業株式会社
竣   工 2018年2月

パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電気・建築設備ライフソリューション > 照明器具 > 演出照明機器 > ダイナミック演出 > 納入事例 > 東武スカイツリーライン 隅田川橋梁ライトアップ