LED投光器「ダイナセルファー」かんたん操作ガイド

閉じる

基本操作

固定色で点灯する

点灯したい色のボタンを1つ押す。

  • 押したボタンの色のみ点灯します。

初期設定(工場出荷時)

ボタン色 色相(色) 白レベル 調光
色1 6(赤) 0 100
色2 89(緑) 0 100
色3 172(青) 0 100
色4 2(昼光色) 0 100

※色の設定をしたい場合は、「色設定」をご覧ください。

色の変化で演出する

点灯したい色のボタンを2つ以上順番に押す。

「色1」と「色2」を押した場合は…

    1. 最初に押した「色1」で器具が点灯する。
    2. 次に押した「色2」に向かって色が移行していく。
    3. 「色2」に完全に移行した後、「色1」に向かって移行していく。以降循環する。

※初期設定は白レベル「100」、調光「100」、発光色が循環する速度は「5」秒です。
※演出の設定を変更したい場合は「演出設定」をご覧ください。

スタンバイ(器具消灯)にする

点灯中、または演出中に「色設定」ボタン・「演出設定」ボタンを同時に押し、器具が消灯します。

もう一度、ボタンを同時に押すと点灯・演出に戻ります。

  • 点灯・演出状態から消灯(スタンバイ状態)になります。

基本操作の操作ガイド動画はこちら

色設定

「色1」~「色4」 を個別に調整する。

※設定を変更している途中で電源を切らないでください。

色相(色)
を変更する
調光(光の強さ)
を調整する
白レベル(色の濃さ)
を調整する
手順1

変更したい色のボタンを3秒以上長押しする。

「色2」の調整をしたい場合は…

  • 色設定モードになると、押した色ボタンと「色設定」ボタンが点滅します。

色設定モードの解除

  • 「色設定」ボタンを一度押すか、2分以上放置すると解除され、「色設定」ボタンが消灯します。解除した時点で設定した演出は記憶されます。

手順2

「色相」ボタンを押す。

「調光」ボタンを押す。

「白レベル」ボタンを押す。

手順3

「▽」「△」ボタンを押して任意の値に設定する。

  • 設定値がデジタル表示されます。

設定範囲

0~255
※色は「補足情報」の色相対比図を参照

0~100

0~100

手順4

続けて、他の調整を行いたい場合は、「色設定」ボタンを押さずに手順2に戻って調整を続けてください。

全て調整後、「色設定」ボタンを押して、設定を記憶する。

  • 「色設定」ボタンが消灯します。
    ※違う色ボタンの設定を行いたい場合は、一度、「色設定」ボタンを押して設定を記憶してください。

色設定の操作ガイド動画はこちら

演出設定

「色1」~「色4」 をまとめて調整する。

※設定を変更している途中で電源を切らないでください。

調光(光の強さ)
を調整する
白レベル(色の濃さ)
を調整する
速度(演出の速度)
を調整する
手順1

点灯中または演出中に「演出設定」ボタンを押す。

  • 演出設定モードになると、「演出設定」ボタンが点滅します。

演出設定モードの解除

  • 「演出設定」ボタンをもう一度押すか、2分以上放置すると解除され、「演出設定」ボタンが点灯に変化します。
    解除した時点で設定した演出は記憶されます。

手順2

「調光」ボタンを押す。

「白レベル」ボタンを押す。

「速度」ボタンを押す。

手順3

「▽」「△」ボタンを押して任意の値に設定する。

  • 設定値がデジタル表示されます。

「速度」ボタンを押すと「秒」と「分」を切り替えることができます。

設定範囲

0~100

0~100

1~999秒
または
1~840分

手順4

続けて、他の演出設定を変更したい場合は、「演出設定」ボタンを押さずに手順2に戻って調整を続けてください。

全て調整後、「演出設定」ボタンを押して、設定を記憶する。

  • 「演出設定」ボタンが点灯に変化します。

演出設定の操作ガイド動画はこちら

補足情報

色相対比図

ダイナセルファーの色相対比図

※数字は色相の番号を表しています。
※0は赤・緑・青・白のフル点灯、1〜5は白色モード、255は消灯です。

操作部スリープ

  • 操作ボタン 点灯なし(スリープ状態)
    ※点灯・演出は維持します。

  • 点灯・演出中、またはスタンバイ中に5分以上操作しなかった場合、操作ボタンが全て消灯しスリープ状態になります。
    いずれかのボタンを押すと、スリープ状態から復帰します。

設定の初期化

  • 「▽」「△」ボタンを同時に3秒以上押す。
    全てのボタンが点灯すれば初期化完了です。

    重要ポイント:この操作を行うと、設定が工場出荷状態に戻ります。

ダイナセルファーについて詳しくはこちら

ラインアップ

設計・サポートに関するお問い合わせ

設計→実験→調整→アフターフォローまで、豊富なノウハウと多数の納入事例を有する当社のエンジニアリングセンター(EC)がサポートいたします。