一体型LEDベースライト「iDシリーズ」 かんたん無線調光PiPit(ピピッと)調光シリーズ PiPit+

閉じる
PiPit調光シリーズに高機能タイプをラインアップ

一体型LEDベースライト「iDシリーズ」のかんたん無線調光PiPit調光シリーズPiPit+です。時間・場所・用途などに応じて、適正な明るさにコントロールでき、快適な空間を実現できます。センサで昼光を検知し空間の明るさを自動的に調光するセパレートセルコン明るさセンサタイプとデマンド連動機能タイプの二種類をご用意。

セパレートセルコン明るさセンサタイプ

PiPit調光に明るさ制御をプラス

センサで昼光を検知し、空間の明るさは一定のまま自動的に省エネ。ハンディライコンによる一括調整も可能です。

  1. 昼光に合わせ一定の明るさに調光
  2. 初期照度補正で省エネ
  3. ハンディライコンでの、エリアごとの一括操作に対応
  4. スーパーマーケットセルコンとの連動でスケジュール運用に対応
  5. デマンドコントロール機器との連動や、外部接点との連動も可能な拡張性

初期照度補正で省エネ

設計照度に対して余分な点灯初期の明るさを、明るさセンサが検知し、照明器具をコントロール。

約10%省エネ

狙いの明るさで省エネ

改修時の「同等以上の明るさ」を「必要な明るさ」に設定。ハンディライコンでかんたんにコントロール。

約10%省エネ

昼光利用で省エネ

明るさセンサが昼光を検知し適切な光の量になるよう照明器具をコントロール。

約10%省エネ

  • 調光率は昼光の影響をうけて変化します。

従来蛍光灯器具と比較して約63%省エネ。コストは従来器具と比較して3.4年でほぼ同等。

消費電力比較

トータルコスト比較 

システム構成図

PiPit+ハンディライコンで照明器具のグループをまとめてコントロール

PiPit+セパレートセルコンAタイプに向けてPiPit+ハンディライコンを操作することで、ペアリングされたPiPit調光対応照明器具をまとめて操作することが可能です。

PiPit+セパレートセルコンAタイプを2台以上設置することでエリアを分けた制御が可能です。

NK23041

希望小売価格 4,900円(税抜)

(PiPitハンディライコンでもあかりを操作できます。

  • 明るさ調整
  • 点灯/消灯 など
  • 明るさセンサの設定やペアリングなどの各種設定を行う場合は、PiPit+ハンディライコンが必要です。

ライトマネージャーFxとの連携で、多彩な制御が可能になります。

会議室使用事例

シーン制御:スマートな照明操作で、会議の進行をスムーズ&効果的に

会議の場で求められるのは、効率的でストレスのない議事進行です。複数のスイッチを操作することなく、スムーズに照明の切り替えができれば会議もスマートに進行できます。電動スクリーンや電動カーテンと照明を連動させることもできます。

シーン1

討議のあかり

明るい空間で活気のある討議に

全体を明るくし、活発な発言を促す空間を演出。
机上面も明るくして資料などが見やすい工夫を。

シーン2

準備・休憩のあかり

あかりで気分を切り替えリラックス

やわらかな光で全体を明るくし、緊張の緩和と気分の切り替えを誘います。

シーン3

プレゼンテーション(ホワイトボード)のあかり

出席者の意識を集中させスムーズに会議進行

前方のあかりを明るくすることで、ホワイトボードやプレゼンターの動きを見やすくし、集中力低下を防止。

シーン4

プレゼンテーション(プロジェクター)のあかり

資料を見やすくし要点を確実に伝達

プロジェクターONと同時に室内のあかりを暗くして映像の視認性をアップ。机上面は手元の資料が見え、メモが取れるあかりを残します。

システム構成図

オフィス執務室使用事例

スケジュール制御:外光活用とスケジュール運転で省エネ効果を向上

明るさによる調光に加え、エリアごとの調光やスケジュール制御に対応。さらなる省エネが図れます。

日中は一定の明るさを保ちながら昼光を利用して省エネ

暗くなったらスケジュール運転

スケジュール運転中の明るさ制御イメージ

システム構成図

マルチ調光調色システムとの連携で、各ゾーンを最適な明るさに無線で制御

適材適所の照明で、無駄な電力が削減できます。無線だから信号線工事不要。

  • マルチマネージャーとPiPit+の間は有線です。

システム構成図

デマンドコントロール機器との連動運用

外部デマンドコントロール機器からの接点を受けて目標照度を変更。最大デマンド値を抑えることで電気代の削減につなげられます。 

  • 調光率は昼光の影響をうけて変化します。

フル2線式リモコンとの連動も

フル2線式リモコンの調光T/Uと組み合わせて、調光操作が可能。多様な運用が実現できます。

デマンド連動機能タイプ

PiPit調光にデマンド連動機能をプラス

デマンドコントローラからの信号を受け、強制減光が可能です。

  1. スケジュール機能に加え、デマンドコントロール機器との連携機能をプラス
  2. 最大デマンド値抑制に貢献して電力基本料金を削減。

スケジュール機能に加え、デマンドコントロールをプラス

スケジュール運転中のデマンド制御イメージ

①調光レベル80%運転中にデマンド信号1(削減率20%)

80%×(100-20)%⇒64%

②スケジュール運転で調光レベルが変更されるタイミングが来ると、元の設定レベルに応じて変化 [スケジュール運転が80%から70%に変化]

70%×(100-20)%⇒56%

ピーク電力をカットして最大デマンドを抑制

高圧小口需要家(50kW~500kW契約)の電気料金は「電気使用料金」と「基本料金」に分かれ、「基本料金」は過去1年の最大デマンド値で決まります。最大デマンド値を抑えることで、電力契約基本料金の抑制につながります。

  • デマンド(需要電力):30分間の平均電力

システム構成図

パナソニックのエネルギーマネジメントソリューション「エマネージ」に対応

エネルギーの管理をトータルにサポートします。

エネルギーマネジメントソリューション(エマネージ)についてはこちら

PiPit調光シリーズ「PiPit +(ぴぴっとプラス)」取扱動画

関連商品

形状や明るさなどを選ぶだけで簡単に本体とライトバーの品番を選定できます。

器具本体の形から商品を探す