マグネットスペース

閉じる
人が自然と集まる空間

他部署のワーカーが自然と集まる空間は、そこでのコミュニケーションが新たなアイデアを生むきっかけとなり得ます。リラックスできる雰囲気で会話が弾む環境が社内の活性化につながります。

照明設計ポイント

人が自然と誘引される光だまりをペンダントやスポットライトで演出すると共に、映像や音によってカフェのような心地よさを演出します。


ペンダント照明で人を誘引する光だまりを創造し、映像と音でリラックスできる雰囲気を演出します。

採用照明器具

カフェのような空間を創り出すことで、人が集まりコミュニケーションを誘発する演出を施しています。

採用照明器具

全般照明とスポット光の使い分けで、仕切りのない各空間をリズミカルにつなぎます。執務エリアは時間毎の調光調色制御、マグネットスペースでは光だまりをつくり、演出します。

事例:KADOKAWA所沢キャンパス(ところざわサクラタウン内)

採用照明器具

植栽の「緑」を鮮やかに演出する“光”と、多様な「デスク配置」にいつでも配光が調整できる“光”を配線ダクトに両設した、自由度の高い空間です。

事例:point 0 marunouchi

採用照明器具

おすすめ商品

アップデート:多様な働き方(ABW※)にフレキシブルにアップデートできるあかり→配線ダクト商品群を用途別スタイル別に展開。あかりにプラスα:Well-Being(心と体の健康)な空間価値のご提供→天井のスペースを活用、光に映像や音、清潔機能などをプラス。リニューアル:簡単にリニューアルできるあかり設備→在来工法の配線はそのままで手軽にオフィスのイメージを一新。
  • ABW(Activity-based working): 働く内容に応じて時間と場所を選択する働き方。コミュニケーションの活性化やワークライフバランス向上が期待できます。