多目的スペース/食堂

閉じる
多用途に対応できる空間

食事や休憩はもちろん、多人数が集まれる場として朝礼や講演会に使われたり、お客様との打ち合わせなど、多用途に利用されます。

照明設計ポイント

ダウンライトなどでベースのあかりをしっかり確保しつつ、手元で照明の明るさや光色、そして他の機器も切り替えることで、食事以外の用途に対応することができます。


時間と用途に応じて明るさと色温度を調整し、あかりで表情を変える空間です。

4000K

朝〜昼(さわやか、活気)

3500K

休憩時〜夕方(やすらぎ、リフレッシュ)

3000K

夜(癒し・落ち着き感)

  • Space Playerによる木漏れ日の映像とスピーカー付ダウンライトからの小鳥のさえずりでリフレッシュ空間を創造。

■システム構成図

照明器具の色温度と明るさをデジタル通信で個別にコントロールできるシステムです。

■時刻に合わせた演出

調光・調色制御とスペースプレーヤーによる映像演出をタイムスケジュールに合わせて自動再生します。

採用照明器具

和のテイストを採り入れた居心地のよい空間で、コミュニケーションを誘発します。

採用照明器具

おすすめ商品

アップデート:多様な働き方(ABW※)にフレキシブルにアップデートできるあかり→配線ダクト商品群を用途別スタイル別に展開。あかりにプラスα:Well-Being(心と体の健康)な空間価値のご提供→天井のスペースを活用、光に映像や音、清潔機能などをプラス。リニューアル:簡単にリニューアルできるあかり設備→在来工法の配線はそのままで手軽にオフィスのイメージを一新。
  • ABW(Activity-based working): 働く内容に応じて時間と場所を選択する働き方。コミュニケーションの活性化やワークライフバランス向上が期待できます。