星空に優しい照明 IDA(国際ダークスカイ協会)

閉じる

「星空に優しい照明」 IDA(国際ダークスカイ協会)に認証された日本国内初のメーカー

国際ダークスカイ協会(IDA)に「星空に優しい照明」としてパナソニックが日本のメーカーで初めて認定されました。

IDA(国際ダークスカイ協会)とは

光害問題に対する取り組みで、世界的に先導的な役割を担う組織。
1988年に設立され、アリゾナ州ツーソンにある本部と世界18ヵ国の60以上の支部を有するNPO団体で、天文関係者を中心に、照明技術者、環境学者、教育者、法律家などで構成されています。

  • 星空に優しい照明とは

    光害問題に取り組むNPO団体であるIDA(国際ダークスカイ協会)による「星空に優しい照明(Dark S ky F riendly L ighting)」星空保護区における屋外照明の基準である、星空を見えにくくする上方への光の漏れが一切ないこと(上方光束率0%)青色光が少ない電球色となる3000K(ケルビン)以下の色温度であることが求められています。

    星空保護区とは

    IDAが2001年に始めた認定制度で、光害の影響のない暗く美しい夜空を保護・保存するための優れた取り組みを称える制度です。
    全部で6つのカテゴリーがあり、全カテゴリーを総称して、国内では「星空保護区®」と表記しています。

岡山県井原市「美星町観光協会」からの要望に応じて防犯灯と道路灯を開発、納入

1988年に環境庁から星がよく見えるまちとして「星空の街」に選定された美星町は、2019年3月に美星町観光協会が井原市の全面協力のもと、町や市といった自治体単位が対象となるIDAの「星空保護区(コミュニティ部門)」の認定を目指すことになりました。パナソニックはその趣旨に賛同、協力し防犯上の必要な明るさを保ちつつ上方光束率0%かつ、色温度3000K以下の仕様となる特注品を開発、設置などを行い、2020年1月に防犯灯と道路灯が「星空に優しい照明」の認証を取得するに至りました。
その後、美星町内の約440台の防犯灯などが「星空に優しい照明」の認証を取得した防犯灯に取り換えられました。さらに2021年3月には道路灯(高出力タイプ)が、「星空に優しい照明」の認証を取得し、7台が美星町内の県道沿いに採用されました。これらの取り組みの結果、2021年11月1日に美星町は、アジア初※の「星空保護区(コミュニティ部門)」に認定されました。

  • アジア地区におけるIDA「星空保護区(コミュニティ部門)」として(2021年11月2日現在 国際ダークスカイ協会 東京支部調べ)
  • 以前に設置されていた白色LED防犯灯

  • 設置したカットルーバ付きの電球色LED防犯灯

  • 天体観測の好適地、岡山県井原市「美星町」
    に設置された防犯灯

    設置したカットルーバ付きの電球色LED防犯灯が優しい光でまちを照らし、美しい星空を眺めることができます。

IDA認証を取得した光害対策型の防犯灯・道路灯

IDAによる「星空に優しい照明」に光害対策型の防犯灯と道路灯が認証を取得しました。

防犯灯 道路灯
器具

特注品

3000K・Ra83

加工品

2700K・Ra80

加工品

2700K・Ra80
寸法図

関連商品

関連リンク

国際ダークスカイ協会のWebサイトはこちら
星空保護推進機構のWebサイトはこちら