ここから本文です。

P.L.A.M. PLAM プラム | 照明設計サポート設計知識とツール 照明設計資料

照明設計資料

美術館・博物館の照明

1.美術館・博物館の照明の考え方

 美術館・博物館などの展示スペースの照明は、展示内容によって照明手法が変わります。美術館であれば観賞が、博物館であれば観察・調査研究が主体となります。
 観賞を目的とする場合は、展示物を好ましく表現することが望まれるのに対して、観察・調査研究を目的とする場合には、展示物の形、色、テクスチュアを正しく表現することに注意が必要となります。目的に合わせた快適な視環境を作るため、照度、視野内の輝度分布、不快グレア、反射グレア、影やモデリング、光源の光色と演色性などの検討が必要です。
 また、美術館・博物館の照明は一般の照明と異なり、展示物の保護、損傷防止が重要となります。損傷は放射、光、温度、空気汚染などが原因で起こりますが、貴重な展示物の損傷を防止するため熱・放射の影響を十分に考慮した照度の決定が必要です。

1 照度

image

 展示面の照度は、来館者が快適に疲れが少なく観賞、観察できる照明環境を作るように設定しますが、必要以上に照度を高くすることはグレアの原因となるばかりでなく、放射・熱により展示物に損傷を与えることになるため、控え目の値とします。JIS照明基準総則(表1)、照明学会の屋内照明基準(表2)、世界各国の美術館・博物館の照度(表3)、各国の推奨照度基準(表4)、国際照明委員会(CIE)の基準(表5)がありますので、展示対象物により光・放射の影響を考えて照度を決定します。

2 照度均斉度

  照度むらのない展示をするためには、展示面の照度均斉度(最低照度と最高照度の比)が0.75以上(床面などの反射光も含めて)となるように照度器具の配光、取り付け位置を検討します。

3 反射グレア7)

image image

 光沢のある画面、ガラス付の額縁やガラスケースに入った展示物では、光源が画面に正反射して映ったり、ガラス面に背景が映ったりして、観賞、観察の妨げとならないように、光源や展示物の位置を検討しなければなりません。
 展示画面を観賞するときの画面からの視距離は、絵画の長辺の長さの1.5倍と言われています。日本人の目の高さの平均は約1.5mですから、光源の位置と視線との関係は図1となり、画面の上端で、正反射(10°の余裕を見込む)が起らない位置に光源を設置します。
 この場合、光源の位置があまり画面に近づきすぎると、額縁の影を画面に落したり、図面の凹凸が目立ちすぎたりすることから、画面の下端から約20°以内に光源を設置することは避けなければなりません。
  絵に対して低い角度で入射する光線は、絵の表面に影をつくり、正反射光が入る位置に光源があると、鑑賞者の目にまぶしさを与えます。したがって、光源は図1に示す範囲に設置します。なお、絵画の傾斜(t/r)は小型の絵画で0.15〜0.03程度、大型の絵画で0.03以下とします。

4 展示物の保護と損傷防止7)

image image image

 放射・光による損傷や変退色は、照射された光の量(照度×照射時間)に比例します。光源により損傷の度合いは異なりますが、図2に示す損傷の波長特性の通り300〜380nmの紫外線が95%、400〜780nmの可視光線が5%の損傷作用があると言われており、400nm以下の波長が特に有害です。表8に各種光源の損傷度を表わしますが、昼光に較べてLEDや蛍光灯の損傷度が低いことが解ります。中でも、高演色形直管LEDランプや紫外線吸収膜付蛍光灯(NUタイプ)は損傷度合が低く、美術館・博物館用として使用されます。しかし、紫外線吸収膜付蛍光灯を使用しても、高照度で長時間照明すれば損傷が起りますので、過度の照度を避け、照明する時間も短くすることに留意しなければなりません。
 展示物の温度上昇は放射照度に比例します。表7に各種光源の単位照度当たりの放射照度を示しますが、この値が低いほど温度上昇を少なくすることができます。放射照度を低減させるには、赤外線吸収フィルターを使用したり、光ファイバー照明を使用すると効果的です。LEDはこれらと同等レベルの効果が期待できます。

5 光色と演色性

 展示室に利用される昼光は、天窓または高い側窓(仰角45°以上)の天空光で色温度の範囲は6,000〜10,000Kです。これに対し使用される人工光は昼光の光色に近いものよりも、むしろ色温度の低い暖かみのある光色が好まれます。これはフランスのICOM(International Council of Museum)においても、表4のように、展示物に対する推奨照度と併せて使用光源の色温度の推奨値も定めており、許容照度が低い展示物の照明には色温度約2,900Kのランプの使用を推奨しています。
 昼光または人工照明によって照明される展示物の色は正しく再現されなければなりません。昼光の場合は、特別に紫外線や赤外線をカットするフィルターを使用したりしないかぎり、色は忠実に再現されます。人工照明の光源の演色性は、可視波長領域の分光分布により決まります。平均演色評価数の高い光源(Ra=90以上の光源を使用することが望ましい)を使用するだけでなく、特殊演色評価数もできるだけ高い値の光源を使用することをお奨めします。

2.照明の設計例

 現在では、高演色(Ra95)の直管LEDランプが開発されており、従来は蛍光ランプを用いていた展示照明もLED化対応が可能となっています。以下に設計例を示します。

1 展示ケースの照明

image image

 高演色形直管LEDランプと反射板を組み合わせて配光制御を行い、均斉度の高い照明を実現します。
展示面寸法:12.8m×3.9m
設計照度(鉛直面照度):(展示ケース全体)200 lx(展示面)300 lx
使用光源:高演色形直管LEDランプ(4000K)
使用器具:上部用展示ケース器具(2灯用)8台
設置高さ:3.76m
保守率:0.8
image

2 オープン展示の照明

image image

展示面寸法:6.5m×3.0m
設計照度(鉛直面照度):(展示面)200 lx
使用光源:高演色形直管LEDランプ(4000K)
使用器具:オープン展示用照明器具(2灯用)5台
設置高さ:3.5m
保守率:0.8

〔参考文献〕
1) JIS照明基準総則 Z9110-2010
2) 屋内照度基準 照明学会・技術規格JIES-008(1999)
3) I. E.S. Technical Report No.14
4) 河本康太郎:第13回JCIEセミナー資料(2007)
5) 国際照明委員会技術報告書(CIE-157-2004)Control of Damage to Museum Objects by Optical Radiation.
6) 日本照明委員会:博物館展示物の光放射による損傷の抑制(CIE-157-2004:日本語訳)
7) 照明学会 照明ハンドブック(第2版)、オーム社(2002)
8) 日本建築学会 建築設計資料集成 丸善

  • 印刷用データダウンロード