ここから本文です。

P.L.A.M. PLAM プラム | 照明設計サポート設計知識とツール 照明設計資料

照明設計資料

病院の照明

1.病院照明の考え方

 人間の健康を支える医療現場において、治療行為を効率よくサポートする機能性はもちろん、人に本来そなわる治癒力をサポートする環境づくりが求められます。医療施設における省エネ照明器具のあり方を追求し、治療と治癒の融合した光環境を実現することが重要です。
 それは、高度な医療技術による治療を行うだけでなく、患者の快適性を高めることによって、人のもつ治癒力を呼び起こそうというものです。環境そのものに“癒し”の効果が期待されているといえます。
 病院の照明は、もはや患者の生活や医療行為を照らすだけのものではありません。患者の体と心をすこやかにし、社会に復帰する力を培うための“癒し”の場を提供することが重要となります。また、病院にはさまざまな機能をもつ空間が集まっていますが、その用途によって、病室など患者の生活を中心に考える「病棟部門」、外来待合室など病院外から人の出入りが多い「外来部門」、手術室など医療スタッフ側の作業的要素の強い「診療・検査部門」に大別することができます。空間の用途が異なると、照度や器具取り付け位置など照明に求められる条件も異なるため、照明設計ではそれらの違いについて考慮することが必要です。1)

2.サーカディアンライティングシステム

1 体内時計と光

 人間には体内時計(生体リズム)があり、睡眠−覚醒・ホルモン分泌・体温変化等の時間的なコントロールを行い、生活サイクルの基盤となっています。生体リズムは様々な刺激で変化しますが、物理的な刺激では、光の影響が最大であることが分かっています。2)

2 サーカディアンライティングシステムとは

image

 単調な入院生活で弱りがちな生体リズム(サーカディアンリズム)を、光による昼夜変化を体感することで維持を図り、入院患者の朝の目覚め・日中の覚醒・就寝前の落ち着きという生活サイクルの安定化をサポートするシステムです。
 サーカディアンライティングシステムにおける一日の照度・色温度スケジュール例を図1に示します。

3.照度

image

 照度はJIS照明基準総則(JIS Z9110-2010)および屋内作業場の照明基準(JIS Z9125-2007)によりますが、各国での推奨照度は表1の通りです。

4.病室の照明

1 病室照明の基本コンセプト

 病室環境としては、患者にストレスをできるだけ与えることなく、特別な場所に来ていると感じさせない日常の家庭生活に、できるだけ近い環境、いわゆる癒しの環境づくりが基本となります。そこで、病室の照明は、入院患者の生活の場としての照明であるとともに、診療および看護のための照明を満足する必要があります。

image

(1) 全般照明
 弊社で行った、患者が病室に対して感じる快適性の心理評価実験では、第一に寄与するのが“落ち着き感”“安らぎ感”という結果がでています。(図2

image

 そこで次に、どんな照明手法にもっとも落ち着き感・安らぎ感を感じるかについて実験をしたところ、間接照明によるソフトでコントラストが少ない照明環境に、多くの支持が集まりました。(図3

このように、落ち着き感・安らぎ感を重視した快適照明には、ソフトな間接光による光環境が効果的です。

image

(1)-1 壁面取付け照明手法
 多床室の場合、手元の照明をつけたいとき、隣や向かい側のベッドからの光がまぶしく感じることがあります。図4のような壁面取付け照明手法により、周りへの光を抑えて必要な明るさを確保することができます。図4は病室用ブラケット照明器具の一例です。器具正面の光を抑えてまぶしさを軽減しながら、器具の上方へ照射する間接光による全般照明で空間をやわらかく照明し、器具の下方への光で読書など手元のあかりとして視作業を快適に行うことに配慮した機能を備えた器具です。

image image

 グレアのない落ち着き感、安らぎ感のある光環境であるとともに、多床室でのプライベート空間を演出することも重要と考えています。そのため、壁面取付けの器具で患者ごとに照明の入切ができ、ベッド頭側を中心とする生活空間の照度確保と壁面・天井面への限定された光の広がりによってパーソナル感を表す工夫をします。また患者の快適性向上のために目的に合わせた光や一日の変化を与える光などを組み込んだ多機能の病室用ブラケット照明器具があります。以下に例を示します。
図5に示すのは、間接光に直接光を付加して目的に合わせて点灯切替が可能なブラケット照明による手法です。(壁面取付け照明手法1)
図6に示すように、点灯パターンの切替えによって、通常のベース照明、読書時の照明、食事や処置の時などに明るくしたい場合の照明など、シーンに合わせた照明で患者やスタッフに利便性を提供できます。

image image

図7に示すのは、一日の生活に合わせて、点灯シーンを変えることができる手法です。(壁面取付け照明手法2)
図8に示すように、昼間の快活で爽やかな光や夕方から夜間の落ち着きの光など一日の時刻と生活に合わせた調光・調色シーンで患者に快適な空間を提案できます。

image

図9に示すように、全般照明と読書用の照明と常夜灯という病室照明に必要な機能を1つの器具にコンパクトにまとめたブラケット照明でプライベート空間を構成するというシンプルな考え方もあります。空間をすっきりさせることができるとともに利便性の高い機能的な器具と言えます。(壁面取付け照明手法3)

image

 この時、ベッドで横になっている患者だけでなく、ベッド上で体を起こしている患者に対しても、グレアについて配慮する必要があります。弊社ホスピタルコンフォート・ブラケットタイプは、向かい側のベッドで体を起こした患者の約95%に対して、全くまぶしさを感じさせない設計になっています。

image

(1)-2 天井取付け照明手法
 従来のように多床室の天井中央部に取り付ける器具であっても明るく、グレアを抑えた光環境は重要です。図11に示す例は、ベッドの患者へのまぶしさを抑えたグレアカット角45度の照明器具による手法です。病室の天井面、壁面を照射して間接光とすることで、明るさ感と安らぎ感のある病室空間をつくりだします。

image

  このように、全般照明器具が明るさを確保しながら寝ている患者にまぶしさを与えない配慮は大変重要で、ベッドに居る患者に直接ランプが見えないようにグレアカットゾーンを確保することが必要です(図12図13)。このとき、照明器具と背景となる天井面との輝度差を少なくするために、天井面に光が拡がる照明器具であれば、より効果的です。

image

(2) その他の照明(読書用・処置用照明 など)
(2)-1 ベッドライト
 ベッドライトは、一般にブラケットタイプかアーム式タイプが使用されますが、
 ・患者が容易に点滅できること
 ・照射方向が容易に変えられること
 ・多床室では他の患者にグレアを与えないこと
 ・堅牢で安全な構造であること
 ・患者に熱線を感じさせないこと
 ・背もたれを上げても読書面が照明できる取付位置
  (図13参照)
 などが要求されます。
 アーム式ヘッドライトは、患者の読書用としてだけでなく医師や看護師の処置用としても使用できます。使用目的に合わせて、灯具の位置を動かしたり、明るさを調整したりできますので大変便利です。

image

(2)-2 処置用照明
 診療処置用照明にはベッドライトを兼用するケースも多いですが、処置用照明としての明るさとしては充分とは言えません。ベッド毎に処置専用器具を天井面に取り付けるか、処置も考慮した明るさの専用ベッドライトを使用する必要があります。いずれも処置の箇所を明るく照射し、患者や他のベッドにグレアを与えないことに配慮することが重要です。
 処置用照明としては、ベッドでの看護をサポートするのに適した長円タイプの配光設計が効果的で、弊社器具では照射方向が可変タイプと固定タイプの2種類があります。(図15
 照射方向可変タイプの器具(ユニバーサル)の場合、長円タイプの配光でベッド面全体をしっかり照らすことができるとともに、ベッド位置を移動させてもベッド全体を照射できるように配光の形を保ったまま照射位置を調整することができます。ベッドの足元に取り付けると、処置の際に手暗がりを防ぐことができます。
 照射方向固定タイプの器具(ダウンライト)の場合、ベッドの中央の天井に取り付けて、ベッド全体を照射することができます。また、通路部のベース照明としても利用可能で、長円タイプの配光でベッド間の通路を効率よく照射でき、通路以外のカーテンやベッド面への光の影響に配慮することができます。45度のグレアカットでベッドの患者へのグレアを抑えることも重要です。(図16

image

(2)-3 常夜照明
 慣れない入院生活で夜間にトイレに立つとき、足元が暗いとつまずいたり転倒したりするおそれがあります。足元灯はベッドから立ち上がるときにスリッパの位置や床面を確認できるあかりとして患者に安心感を与えることができます。また、看護婦の深夜巡回時の明るさとしても必要になります。
 常夜照明は、安全を確保するためには明るいほうが望ましいですが、単に明るいだけでは問題があります。深夜の病室は患者にとっては寝室としての機能があるため、グレアに対して特にシビアになる必要があります。よって、光源が直接目に入らないのは当然ですが、反射板輝度も極力抑えたものにする必要があります。また、器具のグレアだけでなく、床の照り返しによるグレアにも注意が必要です。床材によって、照度を変更できる調光機能があると非常に便利です。
 具体的には、病室の通路部にダウンライトタイプの常夜灯を設置し、個々のベッドサイドに上方光束をカットした足元灯を配置するのが良いでしょう。
 配置例を図17に示します。

5.通路の照明

 病室やエントランス、診察室など、さまざまな空間をつなぐ廊下では場所によって照明要件が異なり、その役割に適した照明器具を選ぶことが重要です。病棟廊下の場合、ストレッチャーで運ばれる患者がまぶしくないように、間接照明やルーバ付照明器具などを採用したり、廊下の両側に寄せるなどの工夫をすると同時に、医療スタッフのための作業照明の機能も備えるようにします。病室に面した廊下では、光漏れへの配慮から、夜間には全体の照度を落としつつ安全なあかりを確保します。病院の玄関となるエントランスには、患者や見舞い客を迎える意匠的な照明器具を用いるのもよいでしょう。また、エントランスホールや外来待合室をつなぐ外来廊下の場合、廊下は周囲の明るさとのバランスを考えることが大切です。待合室を兼ねた廊下は、呼び出しを待つ患者が読書できる明るさも必要となります。頻繁に使用しない関係者用通路などには、人の動きを検知して自動的に明るさを抑えることができるセンサ機能付照明器具を使用すると、省エネ効果が期待できます。

6.手術室・ICU

 特に高い清浄度が要求される手術室やICU、細菌検査室などでは、常にクリーンな環境を保持しなければなりません。そこで、清浄な空気を逃さない密閉構造で、埃が付着しにくい制電性や耐薬品性に優れたガラスパネル採用のクリーンルーム用照明器具を使用します。基本的に手術室では、手術台の中央に20,000 lx程度の無影灯を設置し、手術台をロの字形で取り囲むように全般照明を設置します。この時、周辺が暗いと作業中の手元との間に明暗差が生じて目が疲れてしまうため、無影灯と全般照明との照度バランスに注意が必要です。一般的には手術室全体の照度を750〜1,500 lx程度の明るさにした上で無影灯を設置し、医療スタッフの目の疲労を軽減して作業効率を高め、精神的ストレスをやわらげるように配慮します。ICUは、処置を行うとともに、病室のように安静に過ごす場所でもあることから、患者の居住性に配慮して、グレアを抑えた照明器具を設置します。

7.検査室

 人体の生理に関する検査を行なう生理機能検査室と手術による切除部分・細菌・血液等の検査を行なう検体検査室に分けられます。生理機能検査室は、見え方のほかに、圧迫感を受けない雰囲気の照明が必要です。検体検査室は、一般の化学実験室などと同様に、作業、見え方を重点にした照明とします。
 検査室の照明計画は、検査内容や目的によってさまざまであるため、医療従事者との打合せにより設計照度も含め明確化しておくことが重要です。特に調光が求められる部屋については、白熱灯やLEDなどで0〜100%調光が必要であるのか、蛍光灯で25〜100%または5〜100%調光で満足できるのかを調整する必要があります。
 脳波・筋電図室:脳波や心電図の測定は、最近では機器の進歩により特別に照明器具をシールドする必要は少なくなってきました。しかし、筋電計などの微小電圧を測定する場合は、静電誘導、電磁誘導の支障を避けるためシールドが必要です。ただし、医療機器の特性に依存しますので、医療機器メーカーに確認するほうが良いでしょう。
 MRI検査室では、部屋全体がシールド処理され、室内は強力な磁場となります。そのため照明器具の材質は非磁性体とすることが望ましく、一般的には白熱灯が用いられます。電磁波低減LED照明器具(非磁性体仕様)が用いられることもありますが、MRI検査機器から発生する磁場が強く、ちらつきが発生する場合がありますので、現場での確認が必要です。

8.その他

スタッフステーション
 スタッフステーションや事務所、医局、管理室などでは、そこで働くスタッフの作業効率を妨げない、明るく快適な照明環境が求められます。スタッフの作業性を重視した計画とし設計照度は500〜750 lx程度を確保できる計画とすることが望ましい。また、コンピュータを利用した作業が行われることが多いため、画面への映り込み防止に配慮し、適切な遮光角設計の照明器具を選定しなければなりません。
 廊下に面したカウンターテーブルには、書類記入などの際に手元のあかりを確保するためにスタンドなどのタスク照明を使用するのもよいでしょう。
 廊下等の共用エリアの照明は看護単位で管理されるため、スタッフステーションにて管理が可能な計画とすることが望ましいといえます。
 医療はスタッフにとってはハードな仕事であるため、最近では、明るく活気のある執務環境とするために肌の色を美しく見せる照明をお勧めすることもあります。この場合、医療従事者との事前の色の見えの確認が必要です。

人工透析部門
 長時間にわたる透析中の精神的負担を軽減するため、間接照明やカバー付照明器具などのランプの直接見えない器具を選定します。

〔参考文献〕
1) 一般社団法人 日本医療福祉協会規格:病院設備設計ガイドライン(電気設備編)
2) 本間研一、本間さと、広重力:生体リズムの研究、北海道大学図書刊行会、1989
3) 田淵義彦他:病室における照明心理評価分析、昭和60年照明学会全国大会90
4) 伊藤武夫他:病室における全般照明用壁付間接照明器具の許容輝度の検討、平成10年電気関係学会関西支部連合大会G17-6
5) 松島公嗣他:病室照明器具の配光具備条件の検討、昭和57年照明学会全国大会、57

  • 印刷用データダウンロード