価格改定のお知らせ

閉じる

2021年11月1日

照明器具・蛍光灯の価格改定について

パナソニック株式会社 エレクトリックワークス社は、照明器具商品、蛍光灯(従来光源)について、2022年4月1日より価格を改定します。(ツイン蛍光灯は2022年10月1日より価格改定)

昨今、金属製材料などの原材料価格、物流コストや海外での人件費の上昇が続いています。当社では生産性の向上や合理化による経費の削減などにより、価格の維持に取り組んできましたが、企業努力だけでは、製品価格を維持することが困難な状況となり、商品の安定供給およびサービスの向上を図るためにも、下記の通り、価格改定をすることになりました。

対象商品及び平均改定率

■照明器具

主な対象品種 平均改定率 価格改定実施日
住宅(シーリングライトなど) 約5% 2022年4月1日
店舗(ダウンライトなど) 約10%
施設(ベースライトなど) 約5%
防災(非常灯・誘導灯など) 約5%
屋外(防犯灯など) 約10%
調光(スポットライトなど) 約10%

■蛍光灯(従来光源)

主な対象品種 平均改定率 価格改定実施日
直管蛍光灯 約30% 2022年4月1日
丸形蛍光灯 約30%
ツイン蛍光灯 約30% 2022年10月1日

※ 平均改定率は、値上げ対象品番の改定率の平均値