充電ステーションがあるスマートコミュニティで低炭素まちづくりを支援。東北復興ソリューション岩手県野田村

都市が抱える課題を解消し、スマートシティ創出に生かす。

19世紀の産業革命以降、世界各地で大都市が建設され、20世紀には爆発的な人口増加により数多くのメガシティが誕生しました。しかし、急速な都市化により良質な社会インフラ整備が追いつかず、公害などの自然破壊や地球温暖化ガス排出の加速が課題となっています。
現在、スマートシティやスマートタウンなどのかたちで、良質の都市インフラを備え、環境共生をめざした、快適でエコな都市計画が世界中で進められています。
パナソニックは、CO2排出70%削減を目標に、2014年に実稼働の街「藤沢サスティナブルスマートタウン」をスタート。100年ビジョンを掲げ、タウンデザインとコミュニティデザインのガイドラインを設け、それに沿って「生きるエネルギーが生まれる街」の建設を進めています。ここで蓄積したノウハウを全世界のスマートシティに発信しようとしています。

スマートシティ都市環境 クラウドソリューション VR 都市計画 交通計画 CEMS 自然の有効活用 セキュリティネットワーク タウンサービス

アンケートにご協力ください。

皆様に今後よりサービスを快適にご利用いただけるよう、
ご意見やご感想をお伺いするためのアンケートを実施しております。
皆様の貴重なご意見をお聞かせください。

アンケートに参加する