FujisawaSSTのソリューション紹介コミュニティソーラー

公共用地にソーラーを設置し、二次利用による有効活用をはかる。

スマートタウンで課題となるのは、街がサスティナブルであるための仕組み作りやコミュニティの形成です。このため、街全体にエネルギーやセキュリティ、モビリティなどのサービスを提供・運営を行う「Fujisawa SSTマネジメント株式会社(TMO)」を設立しました。
TMOはスマートタウン全域のエネルギーマネジメントを行っており、その一環として敷地内の公共用地を活用した太陽光発電事業を2013年4月にスタートしました。

これはFujisawa SSTの南側道路「湘南新道」の歩道沿い、下水道用地に発電量毎時約100kWの太陽光発電システムを設置して、発電した電力を電力会社に提供する事業です。
下水道用地という限られた面積で最大の発電量を確保するために、変換効率に優れたパナソニックの太陽電池モジュールHITを採用。下水道工事の場合には妨げにならないように、置き基礎方式を採用しました。
なお、今回の事業は、土地所有者の藤沢市と太陽光発電システムを設置したTMOという、官民が協力して公共サービスを運営するPPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)として認可されています。
非常時には、Fujisawa SST内の住民だけでなく、周辺地域住民へも携帯電話や電気自動車等の電源として開放することを主な目的とした事業で、平常時は全量売電し、設備の維持や土地使用料に充てています。
この事業は、藤沢市内における地域防災対策と再生可能エネルギー普及の新しいモデルとして注目されています。

Fujisawa SST GRAND OPEN 生きるエネルギーがうまれる街 Fujisawa SST Fujisawa サスティナブル・スマートタウン 公式ホームページ
メールでのお問い合わせ

ソリューションに関する営業お問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。

PAGETOP

アンケートにご協力ください。

皆様に今後よりサービスを快適にご利用いただけるよう、
ご意見やご感想をお伺いするためのアンケートを実施しております。
皆様の貴重なご意見をお聞かせください。

アンケートに参加する