人生100年時代の病院・介護施設

病院・介護施設の課題

2025年には団塊の世代が75歳以上となり、国民の約5人に一人は後期高齢者に。これによる社会保障費の急増と医療・介護施設や介護人材の不足などが懸念されています。厚生労働省では、人生100年時代を見据えた社会を想定し、どこに住んでも適切な医療・介護を安心して受けられる社会を目指し、地域包括ケアシステムの構築を計画。これにより、安定性・持続可能性を確保しながら国民皆保険制度を堅持しようとしています。
QOL(Quality Of Life:生活の質)を高めることで、健康な暮らしを維持し、入院や介護が必要になった場合も、自分らしく過ごせる地域包括ケアシステム実現が求められています。また、ロボットなどによるスタッフの負担軽減も必要です。

「人起点」の設備

だれもが上質に暮らせるようにしたい

万一、病院や施設に入っても健やかに暮らしてほしい。

楽しい老後

第二の人生を健康に楽しみたい

介護が必要な高齢になっても、地域で元気に楽しく暮らしてほしい。

人手不足

人手不足を何とかしたい

病院や介護の現場で人手が不足している。人手不足の解消策はないのか。