東北のサイクリングの拠点として活用が期待される名取市サイクルスポーツセンター。宿泊管理棟は津波襲来時、約1,200人を収容する避難ビルを兼ねる

東北唯一のサイクリング専用施設を再建。沿岸地域の拠点として活用をめざす

東日本大震災は宮城県名取市の沿岸地域にも甚大な被害をもたらした。閖上地区は最大約9mの津波に見舞われたとされ、名取市サイクルスポーツセンターも全壊した。
2013年、名取市は「名取市震災復興計画」に基づき、「沿岸地域活性化振興ビジョン」を策定。沿岸地域にかつてのにぎわいや活力を取り戻し、魅力的な地域として復興するための施策に取り組み、名取市サイクルスポーツセンターの復旧事業はその牽引役として位置付けられ、2020年10月にオープンした。
サイクリングに特化した東北唯一の施設として約4kmのサイクリングロードを備え、自分の自転車や、電動アシスト自転車をはじめとする約90台のレンタル自転車で走行できる。約100名が宿泊可能な「名取ゆりあげ温泉『輪(りん)りんの宿』」には宿泊客が自転車を持ち込める客室もある。他にスケートボード場や3×3バスケットコート、遊具広場なども併設し、幅広い年齢層が楽しめる施設になっている。今後は、貸し切り可能なサイクリングロードを活用してイベントを誘致。東北のサイクリングの拠点にしていきたい考えで、地域周遊をキーワードに閖上地区内の他施設と連携した取り組みも進められる。

建築設計Report vol.36/2021年2月発行
※会社名、役職名などは掲載時のものです。

サイクルショップのある宿泊管理棟ロビー
サイクルショップのある宿泊管理棟ロビー

自分の自転車を持ち込める客室
自分の自転車を持ち込める客室

宿泊管理棟入り口で料金表などを表示するデジタルサイネージ
宿泊管理棟入り口で料金表などを表示する
デジタルサイネージ

自転車倉庫にはレンタル自転車が揃う自転車倉庫にはレンタル自転車が揃う

電動アシスト自転車「ジェッター」もレンタル可能
電動アシスト自転車「ジェッター」もレンタル可能

地EV•PHEV充電用充電スタンドELSEEV
EV•PHEV充電用充電スタンドELSEEV

図

名取市サイクルスポーツセンター

所在地/宮城県名取市閖上
事業主/名取市
設計/株式会社構建築設計事務所
建設工事/阿部建設株式会社
竣工/2020年8月

主な設備

● LED照明器具 ● LED街路灯 ● EV•PHEV充電用充電スタンドELSEEV ● デジタルサイネージ ● 電動アシスト自転車「ジェッター」