洗面化粧台のシングルレバー混合栓 水栓金具の水漏れやレバーハンドル不具合時の原因と対処方法をご説明しています。

一般のお客様は、必ずお買い上げの販売店様もしくは工事店様などにご相談ください。

1.吐水口から水漏れする(垂れる、水切れが悪い)

原因

  • 吐水口にごみや水あかなどの汚れが付着しているか、カートリッジ内部の破損が考えられます。
    まずは吐水口の清掃を行ってください。
写真:

対処方法

  • 1. 吐水口を清掃する
    吐水口にごみや水あかなどの汚れが付着している可能性があります。

    事例:マルチシングルレバーシャワー混合水栓(シャワー切替機能付き)

    1. 1吐水口ナットを左に回して、部品を外してください。吐水口ナットは、モンキーレンチなどの工具を使って取り外してください。
    2. 2散水板、整流板、泡沫器を台所用洗剤(中性)で洗い、ごみや汚れ、水あかなどを取り除いてください。
    3. 3外した時と逆の手順で取り付けてください。吐水口を取り付ける場合は、4か所の突起を溝にあわせてください。(凸の大きい方が全面にきます。)
    • ※詳細はお手元の取扱説明書でお確かめください
    • ※吐水口の清掃をおこなっても、水を止めた直後に吐水口から水がポタポタ落ちることがありますが、これはシャワーヘッドの中の残留水が考えられます。異常ではありません。

2.レバーハンドルの根元から水漏れする

原因

  • カートリッジ内部の破損が考えられます。
    カートリッジは消耗品のため、特に設置後およそ5年程度経過している場合は、劣化のおそれが考えられます。
写真:

対処方法

3.レバーハンドルが固い

原因

  • カートリッジ内部の破損が考えられます。
    カートリッジは消耗品のため、特に設置後およそ5年程度経過している場合は、劣化のおそれが考えられます。

対処方法

カートリッジの交換方法

使用するおもな道具

お客様準備品

ウォーターポンプ
プライヤー

ゴムシート※1

2mm×30mm×100mm程度

モンキーレンチ

開き40mm程度

六角レンチセット

先の小さな
マイナスドライバー

ラジオペンチ

マイナスドライバー

タオル

滑り止め付き手袋

プラスドライバー
呼び径2番

プラスドライバー
だるま

  • ※仕様によって使われる工具が異なります
  • ※1ゴムシート:ホームセンターなど市販で販売。厚さ2mm程度のもの。
    水栓金具本体を固定する際、ウォーターポンププライヤー使用時に本体に傷がつかないよう保護シートとして利用します。
●交換前の準備
①止水栓を閉じる(湯側・水側)
②部品の紛失を防ぐため、排水栓を閉じる
③洗面ボウルを養生する
●カートリッジの取り外し
①固定ねじをゆるめ、レバーハンドルを上に抜く
②カバーを取り外す
③カートリッジ押さえを取り外す
④カートリッジを取り外す(パッキンが水栓内に残っている場合は取り除く)
●カートリッジの取り付け
①新しいカートリッジを取り付ける(パッキンがついていることを確認する/カートリッジの突起が本体の穴に確実にはまったことを確認する)
②カートリッジ押さえを取り付ける
③カバーを取り付ける
④レバーをはめて、固定ねじを締める(レバーが外れないようしっかりと固定する)
●仕上げ
①吐水量を確認しながら、止水栓を開く(湯側・水側)
②排水栓を開く
●交換後の確認
水栓金具からの水漏れはありませんか?
レバー操作に違和感はありませんか?
水栓取り付け部にガタツキはありませんか?

それでもなおらない場合は、弊社修理ご相談窓口にご相談ください。