陸上競技場の監視カメラ設置にPLCアダプターで工期短縮が実現

建物分類 スポーツ施設
都道府県 鹿児島県
電気工事 株式会社宇都電設

ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅様で、監視カメラの設置にあたり、「HD-PLC」対応PLCアダプターが採用されました。
管理棟から離れた場所にある照明ポール3か所(2系統)に監視カメラを設置し、管理棟で画像を確認できるようにします。
有線LANを敷設する場合は100mごとにHUBの設置が必要で、電力線とLANの両工事を行うため作業員が多く必要になり、スケジュール調整や施工に時間がかかることが課題でした。
長距離通信が可能な光ケーブルも検討しましたが全配線を光ケーブルにすると、費用が予算より高額になります。
お困りであったところ「HD-PLC」対応PLCアダプターをご紹介し、ご採用いただきました。
電力線を使い通信を行う場合、電波法では単相ラインのみが許可されています。(2018年12月現在)
そこで、もともと三相ラインだけであった屋外でHD-PLCを使用するため、各系統の一部区間で約200mの単相ラインを新設し、計4か所にPLCアダプターを設置しました。
光ケーブルと「HD-PLC」を組み合わせて使うことで工期が短縮でき、費用は当初の予算の3分の2程度に抑えることができました。
御施主様からは「複雑な設定が不要で簡単に取り付けができ、LANを敷設しなくても電力線だけで通信ができるので、費用を抑えることができた」とお喜びの声をいただきました。

  • 電設資材

採用商品

グラウンド・コート

【系統1】
管理棟から倉庫(画像の中ほどのやや右寄りにある三角屋根の建屋)までは光ケーブルを敷設しています。(画面右方向から配線)
倉庫から画像の左側手前方向に約200mに渡って単相の電力線を新設しました。

  • 電設資材

採用商品

グラウンド・コート

【系統1】
倉庫内の分電盤です。

  • 電設資材

採用商品

グラウンド・コート

【系統1】
倉庫内の分電盤にはサービスコンセントを設け、PLCアダプターを取り付けました。
PLCアダプターはコンセントに取り付けるだけで簡単に使うことができます。
こちらのアダプターはマスター(親器)に設定しています。

  • 電設資材

採用商品

グラウンド・コート

【系統1】
屋外の分電盤です。
盤の中にサービスコンセントを設け、PLCアダプターを取り付けました。
このアダプターからはLANケーブルを経由し、PoEインジェクターを介して監視カメラに接続しています。
こちらのアダプターはターミナル(子器)に設定しています。

  • 電設資材

採用商品

グラウンド・コート

【系統1】
照明ポールに設置された監視カメラ。
ここで撮影された監視カメラの画像は屋外の分電盤に設置したPLCアダプターを使い、一部区間(約200m)で電力線を使って管理棟に送っています。

  • 電設資材

採用商品

グラウンド・コート

【系統2】
管理棟(画面左奥)に隣接し、陸上競技場(画面左手)の西側にある、室内競技場です。
監理当から室内競技場を経て、室内競技場横の分電盤までは光ケーブルを敷設しています。
(画面左奥から右手前方向へ)

  • 電設資材

採用商品

グラウンド・コート

【系統2】
室内競技場横の分電盤です。
盤の内にサービスコンセントを設け、PLCアダプターを取り付けました。(画面下方)
こちらのアダプターはマスター(親器)に設定しています。

  • 電設資材

採用商品

グラウンド・コート

【系統2】
室内競技場横の分電盤から約100m離れたポールに分電盤を設置し、PLCアダプターを取り付けました。

  • 電設資材

採用商品

グラウンド・コート

【系統2】
盤の中にサービスコンセントを設け、PLCアダプターを取り付けました。
1台のアダプターからPoEインジェクターとHubを介して4台の監視カメラに接続しています。
こちらのアダプターはターミナル(子器)に設定しています。

  • 電設資材

採用商品

グラウンド・コート

【系統2】
監視カメラは照明ポールに取り付けています。(スピーカーが2台付いている真ん中のポール。カメラはスピーカーの下)
ここで撮影された監視カメラの画像は屋外の分電盤に設置したPLCアダプターを使い、一部区間(約100m)で電力線を使って管理棟に送っています。

  • 電設資材

採用商品