建物分類 娯楽施設
都道府県 北海道
施主 JRA札幌競馬場
設計 松田平田設計
施工 清水建設
電気工事 関電工
リニューアル 2014年07月

本施設は、1907年10月に開場した札幌市中央区にある日本中央競馬会(JRA)所有の競馬場であります。周回は右回りコース、馬場は芝とダートを備えています。このたび、スタンドがリニューアルされ、2014年7月26日にグランドオープンしました。新スタンドの収容人数は20,000人で、開催期間に使用する「メインスタンド」と年間を通して使用するエリアとを区分し、利便性、機能性を向上させています。1階と2階が一般席、3階は指定席エリアとなっています。日本の競馬場では初めてとなるテラス席「もいわテラス」と、天井の高い開放的な室内空間「ファンファーレホール」が設置されました。鉄骨造地下1階、地上5階建で、延床面積は41,927.07平方メートルの施設であります。

  • 照明器具

エントランス・ロビー・EVホール

ダウンライト

天井が高く広々としているため、雪や雨を防ぎ、開門前の時間も快適に過ごすことができる開放的な空間となっています。また、床面照度を抑えて壁面を明るく照らすことで、省エネだけでなく、明るさ感の高い空間を実現しています。

  • 照明器具

採用商品

飲食店・レストラン・喫茶

ダウンライト

グレアが少ない3000KのLED光源を採用することで、暖かみとやすらぎのある空間にて快適に食事ができるようになっています。

  • 照明器具

待合室・休憩室・ラウンジ

ダウンライト

ファミリーコーナーでは、窓から差し込む外光を積極的に取り入れた明るさ感の高い空間となっており、小さい子供が居るファミリーが快適に食事ができる空間となっています。

  • 照明器具

採用商品

遊戯場・プレイルーム・娯楽室

ダウンライト

キッズランドでは、開口径、光束、配光、反射板の材質が異なる様々なダウンライトを採用することで、遊戯別に異なる視環境を構築し、ファミリー客を飽きさせない面白みのある空間を実現しています。窓から差し込む外光を積極的に取り入れた明るさ感の高い空間となっており、広々とした室内にはコースをイメージしたプレイゾーンや絵本コーナーのほか、授乳室やベビーベッドを完備しており、小さい子供が居るファミリーが楽しめる空間となっています。

  • 照明器具

遊戯場・プレイルーム・娯楽室

ダウンライト

キッズランドでは、開口径、光束、配光、反射板の材質が異なる様々なダウンライトを採用することで、遊戯別に異なる視環境を構築し、ファミリー客を飽きさせない面白みのある空間を実現しています。窓から差し込む外光を積極的に取り入れた明るさ感の高い空間となっており、広々とした室内にはコースをイメージしたプレイゾーンや絵本コーナーのほか、授乳室やベビーベッドを完備しており、小さい子供が居るファミリーが楽しめる空間となっています。

  • 照明器具

待合室・休憩室・ラウンジ

間接照明/ダウンライト

間接照明を用いることで空間の明るさ感を向上させており、VIPの方々が快適に過ごせる空間となっています。

  • 照明器具

採用商品

遊戯場・プレイルーム・娯楽室

ダウンライト

グレアの少ないダウンライトを使用することで、快適に過ごせる空間を実現しています。

  • 照明器具

遊戯場・プレイルーム・娯楽室

ダウンライト

天井が高く広々としており、大きな窓から柔らかな自然光が差し込むため、四季を通じて快適に過ごせる空間となっている。

  • 照明器具

採用商品

トイレ・洗面室・浴室

ダウンライト

床面照度を抑えて壁面を明るく照らすことで、省エネだけでなく、明るさ感と実用性の高い快適な空間を実現しています。

  • 照明器具

採用商品

遊戯場・プレイルーム・娯楽室

ダウンライト

グレアの少ないダウンライトを使用することで、快適に過ごせる空間を実現しています。

  • 照明器具