北側広場時計台
世界文化遺産・国宝姫路城との調和を考慮し、瓦や漆喰の色合いを取り入れています。
街に溶け込み、新たなシンボルとして親しまれるように、との思いが込められた行燈風のデザインです。

  • 電設資材

採用商品