納入事例集(ビル管理(中央監視)システム)物件詳細:ゼライス株式会社

建物分類 工場・倉庫・生産施設
都道府県 宮城県
施主 ゼライス株式会社

ゼライス株式会社様は、1941年(昭和16年)に世界で初めて鯨を原料としたゼラチンの製造を開始(当時の社名は宮城化学工業所)されて以来、70年にわたってゼラチン製造のエキスパートとして発展してこられました。
現在では家庭用・業務用の食用ゼラチンをはじめ、医薬・化粧品用、写真用、工業用など多方面に展開。家庭用ゼラチンパウダーの「ゼライス」は1953年(昭和28年)の販売開始から60年近く続くロングセラー商品で、家庭用ゼラチン国内シェアの半分近くをゼライス様の商品が占めています。
 2011年3月11日の「東日本大震災」では、宮城県多賀城市の沿岸部にあるゼライス様本社の敷地にも津波が押し寄せました。事務所棟をはじめ約10棟の工場や施設はすべて1階部分が浸水。製造設備や電気系統が大きなダメージを受けました。しかし「(移転せず)必ずこの地で復興するんだ」という強い意志のもと、社員の方々が一丸となって復興に全力を注がれ、生産を回復されています。
復興にあたりLED照明器具のご採用とあわせて、「多回路エネルギーモニタ」によるエネルギー使用状況の「見える化」で省エネ対策に取り組んでおられます。

  • 電設資材

オフィス・執務室

エネルギー使用状況の「見える化」にも取り組んでおられます。
「パワープラント」と呼ばれる電源・変電設備には「多回路エネルギーモニタ」を6台、事務室には電気設備の監視や制御ができる「WeLBA200」をご採用。
使用電力量を24時間監視して、電力の無駄をはぶきます。

  • 電設資材