納入事例集(ビル管理(中央監視)システム)物件詳細:東京大学 駒場Iキャンパス

建物分類 学校・教育施設
都道府県 東京都

学内のエネルギー一元管理を目指して「パックサポーターライト」を導入。

駒場Iキャンパスは、1878年に農学部などの前身である駒場農学校が開かれた当時の建物が現存している、歴史的にも貴重な学舎であり、老朽化対策とあわせて中長期の改修計画のマスタープランを立案されています。
その一環として、いくつかの講義等や研究等にエアコンを省エネ型に更新する計画がありました。
その効果をさらに高めるためには運用改善も必要であると判断され、管理システムの情報を集めて検討した結果、省エネ・省力化支援システム「パックサポーターライト」の導入を決定されました。

  • 電設資材

管理室・制御室

管理者はエネルギーをパソコンで一元管理できます。

  • 電設資材

管理室・制御室

回路ごとに使用エネルギーを測定し、きめこまかな監視・制御を実現しています。

  • 電設資材

管理室・制御室

  • 電設資材

その他

システム構成例

  • 電設資材