建物分類 オフィス
都道府県 岐阜県
施主 岐阜県
施工 西日本電信電話・和光通信特定建設工事共同企業体

羽島市は岐阜県唯一、新幹線駅(岐阜羽島駅)がある自治体です。
岐阜県では主に市役所等、あわせて100箇所の震度計を設置し、震度情報ネットワークシステムを構築されています。
震度計が屋外に設置されており、設置期間が長いため、配管の劣化が激しく、耐久性が求められていました。
今回、震度計の交換に伴い、鋼製電線管より耐久性が高い「ステンレス電線管」を採用され、取替えや塗装などのメンテナンス作業の省力化を図られました。
※電気用品安全法適合以前の「ステンレス電線管」の事例です。

  • 電設資材

採用商品

外観・ファサード

屋外に設置された震度計。

  • 電設資材

採用商品

外観・ファサード

屋内から震度計までの配線を「ステンレス電線管」で保護しています。
配管の長寿命化により取替えや塗装などのメンテナンス作業の省力化が図れます。

  • 電設資材

採用商品