建物分類 交通施設
都道府県 京都府
施主 阪急電鉄株式会社

大阪梅田と神戸・宝塚・京都を結ぶ関西の大手私鉄、阪急電鉄様は、関西民鉄ではじめて産業用太陽光発電システムを導入するなど、早くから環境負荷低減対策を進められてきました。
数ある取り組みの一環として、阪急京都線の地下線区間(河原町~西院間)の照明等をLED化する事業が、平成23年度の環境省「チャレンジ25地域づくり事業」(実証事業)に採択されました。
事業を申請するにあたり、電力管理システムは下記の3つの視点で構築に取り組まれました。
 ①照明回路の電力負荷に対し、改修前(FLR)/改修後(LED)で厳密に計測実施できること
 ②計測回路は駅ごとや分電盤ごとにグルーピングし、収集結果を分かり易く数値化(見える化)できること
 ③既存イントラネットを活用し、京都地下線(4駅)の計測データ管理を本社(大阪梅田)で一元化できること
他駅での多回路計測に優れた機能面やコンパクトな機器形状による容易な施工性などの高い評価から、今回も「多回路エネルギーモニタ」をベースにしたシステムをご採用いただきました。
課題となるネットワーク化は、LAN対応ユニットの販売開始とモニタリングソフトの機能拡充がご提案時期とタイミング良く重なり、ご要望にマッチした電力管理システムを構築することができました。

  • 電設資材

管理室・制御室

1ユニットで複数回路を計測できる「多回路エネルギーモニタ」を分電盤内に設置し、回路ごとのエネルギー使用料を計測しています。
河原町、烏丸、大宮、西院の4駅トータルで、本体ユニット67台、増設ユニット11台、異種系統ユニット26台を設置しています。

  • 電設資材

管理室・制御室

駅の「多回路エネルギーモニタ」と本社をつなぐLAN対応ユニット。

  • 電設資材

その他

モニタリングソフトは「eneview(エネビュー)」(パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社製)を採用しています。

  • 電設資材