納入事例集(エネルギーモニタ)物件詳細:下松市市民交流拠点施設「ほしらんど くだまつ」

建物分類 文化施設・ホール
都道府県 山口県
施主 下松市
設計 NTTファシリティーズ中国支店・巽設計コンサルタント下松事務所共同企業体
施工 安藤建設・大之木建設特定建設工事共同企業体
電気工事 株式会社 中電工
竣工 2012年03月

下松市市民交流拠点施設「ほしらんど くだまつ」は、心豊かな人づくりとまちの活性化の源となる市民の交流を促進し、地域や世代を超えた人々を結ぶ拠点として整備されました。
公民館や図書館としての機能に加え、多目的ホールや交流プロムナード、歴史民俗資料展示コーナー、カフェコーナーなど、さまざまな機能を持ち合わせた多目的複合施設となっています。
自動火災報知設備「FR-Light」と中央監視システム「WeLBA200」により施設全体の防災や電力、動力、照明などの設備管理を一元化、更に多回路エネルギーモニタによるエネルギー使用量の見える化、施設内各所にLED照明を採用するなどエコにも配慮されています。

  • 電設資材

バックヤード・シャフトスペース

EPS内の収容盤に設置された「多回路エネルギーモニタ」でエネルギー使用量を計測しています。

  • 電設資材

管理室・制御室

「多回路エネルギーモニタ」で計測したエネルギー使用量を、汎用パソコンにインストールしたエネルギー管理ソフト「電力管理名人S」でグラフ化。

  • 電設資材