納入事例集(熱線センサ付自動スイッチ)物件詳細:福島県立医科大学会津医療センター

建物分類 医療・福祉施設
都道府県 福島県
施主 福島県
設計 株式会社 佐藤総合計画
施工 竹中工務店
電気工事 大槻・目黒・佐藤特定建設工事共同企業体
竣工 2013年03月

福島県立医科大学会津医療センターは医療・教育・研究を支える総合医療拠点で、大学附属施設として、学生・研修医の教育・研究の場であるとともに、専門領域に特化した最先端の高度医療を提供します。病室やデイルームには自然のリズムを考慮して自動で光環境を朝の「日の出」から夕方の「日の入」まで表現できる照明器具「サーカディアンシステム照明」を採用、入院患者の生活サイクルをサポートすることで術後を促しています。県立医科大学会津医療センターは高度医療の提供からアメニティまで追求した総合医療病院です。

【病院】
建築面積:約10,400㎡、延床面積:約23,200㎡、階数:地上6階建て、高さ:約27m
構造:鉄筋コンクリート造(免震構造)、病床数:226床、診療科目:23科

  • 電設資材

トイレ・洗面室・浴室

ダウンライト

トイレ。
LEDダウンライトに「天井取付熱線センサ付自動スイッチ(人感センサ)」を加えることで省エネを図っています。

  • 電設資材

トイレ・洗面室・浴室

「天井取付熱線センサ付自動スイッチ(人感センサ)」は、熱線センサで人を感知して必要な時だけ点灯、自動で消灯するため、無駄な電気を使わず、省エネ効果を更に高めています。

  • 電設資材