建物分類 学校・教育施設
都道府県 大阪府

某学習塾で自習室を増床するため、2フロアに約250席のブース型デスクを設置することになりました。
デスクには手元灯がついており、各デスクへの電源配線が必要となるものの、OAフロアによる二重床は費用面から困難でした。
そこで、初期費用を抑えながら、カーペット下への配線ができるアンダーカーペット配線システム「パナトラック」をご採用いただきました。
費用面の解決と共に露出配線のない床面にできたことで、安全性を確保しつつ、学習に集中できる環境を提供することができました。

  • 電設資材

教室

自習室内一面にブース型のデスクが配置され、通路部分は学生が行き交います。

  • 電設資材

教室

それぞれのデスクに手元灯が設置され、快適に学習できる照度を確保しています。
その電源を確保するために、「パナトラック」をご採用いただきました。

  • 電設資材

教室

壁面に埋設されている既存のケーブルから、壁際に設置した接続ボックス(写真左側)でフラットケーブルに変換し、タイルカーペットの下にケーブルを敷設します。

  • 電設資材

教室

タイルカーペットを敷設すると、配線が露出しないため、通路部分の歩行を妨げません。
使用している20Aの電源ケーブルの厚みは、わずか1mmですので、歩行時の違和感もほとんどありません。
ケーブルは鋼板製の上面保護シートでカバー、安全面にも配慮しています。

  • 電設資材

教室

フラットケーブル専用部材を用いてOAタップを設置し、ここから手元灯の電源を供給しています。
コンセントを机の下に設置することで、通路部分や椅子のキャスター等の障害にもなりません。

  • 電設資材