納入事例集(アンダーカーペット配線システム)物件詳細:Bee-ms HAIR ブラン店

建物分類 商業施設
都道府県 愛知県
施主 株式会社ウエーヴジャパン
施工 タカラスペースデザイン株式会社

マンション内の商業スペースにテナントとして入居された美容院で、アンダーカーペット配線システム「パナトラック」をご採用いただきました。
自立タイプのドレッサーからドライヤー用の電源を取りたいとのご要望です。
ドレッサーは店内の中心に配置するため、コンセント設置にあたっては、壁や床からの引き込みが必要でした。
しかし、ビル管理側からコンクリートスラブを削って配線することを止められていました。
また、スタッフがキャスター付きの椅子に座りながら作業することも多く、ワゴンの移動も頻繁にあるため、モール配線はできません。
そこで、ビニルタイルの下に敷設するだけの「パナトラック」をご利用いただき、お客様のお困り事を解決することができました。
スタッフの皆様からは「足元を気にせずに仕事に集中できます」、設計・施工を担当されたタカラスペースデザイン様からは「設計の際に床の配線に悩んでいましたが、パナトラックで解決できました」と喜びの声をいただきました。

  • 電設資材

サービススペース

店内にドライヤー用コンセントを6ヶ所設置します。
ドライヤーは高容量のため、1台につき、1回路で配線することになりました。
3芯ケーブルでは1回路しかとれないため、6ヶ所の設置にはケーブルが多く必要となります。
そこで、1シートで2回路分をとることができる5芯ケーブルを使用しました。

  • 電設資材

サービススペース

ドレッサーの位置に、コンセントを取り出すための5芯用端子台を設置します(写真右下) 。
床仕上げにはビニルタイルをご希望でしたが、ケーブルの上に直接敷設するとケーブルの筋目がつきやすくなります。
そこで、パナトラック専用ビニルタイル「リファインバック エグザ(株式会社川島織物セルコン製)」を使用しました。
ケーブルと同じ厚さのPVCシートを使用して段差を調整をしています。

  • 電設資材

サービススペース

配線がある部分は、段差調整用PVCシートの上に、4mmのビニルタイルで仕上げます。
配線がない部分には5mmのビニルタイルを使用しました。

  • 電設資材

サービススペース

奥側の椅子の少し右側(ドレッサーに向かって)を、写真右側から左側へケーブルを敷設していますが、配線による凹凸は出ていません。

  • 電設資材

サービススペース

5芯ケーブル用端子台の上に、ドライヤーの収納棚がくるよう、ドレッサーを配置しました。
端子台から変換したVVFケーブルは、収納棚の左側に作った配管を通しています。

  • 電設資材

サービススペース

端子台から変換したVVFケーブルは、収納棚の内側の左手に作った配管を通し、コンセントを3つ設置しています。

  • 電設資材