納入事例集(アンダーカーペット配線システム)物件詳細:工藤塾職員室

建物分類 オフィス
都道府県 静岡県
施主 株式会社工藤塾
設計 株式会社プラドウィン
施工 株式会社プラドウィン
電気工事 株式会社ミワ電工

工藤塾様は2017年2月に現在の教室から、利便性の良いテナントビルへ移転されます。
新しい教室では、受付カウンターと15席の職員室を兼ねたスペースで、パソコンや電話等を使うための電気配線が必要です。
当初はOAフロアを検討されていましたが、天井高が2m65cmと低く床上げすることができません。
また床上げすると他のスペースと段差が生じてしまいます。
そこで、天井の高さを保ちながら、段差のない空間を実現できるアンダーカーペット配線システム「パナトラック」をご採用いただきました。
「パナトラック」は厚さ1mmの電力ケーブルをタイルカーペットの下に敷設することで配線できます。
凹凸がない床面で、安全ですっきりとしたオフィス空間に仕上げることができました。

  • 電設資材

オフィス・執務室

【施工中】
配線が必要なところに「パナトラック」を敷設します。
ケーブルの厚さはわずか1mmです。

  • 電設資材

オフィス・執務室

【施工中】
壁面には既存のVVFケーブルから「パナトラック」のフラットケーブルに変換するために、ボックスを設置しました。(写真上側)
専用の工具を使い「パナトラック」にコンセントを取り付けます。
コンセント取付後、鋼板製の保護シートを重ね、専用の固定テープで配線を固定します。

  • 電設資材

オフィス・執務室

【施工後】
「パナトラック」の上にカーペットを敷設しました。
ケーブルが1mmと薄いため、モール配線とは違い、配線がある部分に凹凸がありません。
ケーブル変換用ボックス(写真左中)より奥側は床配線は不要なエリアですが、段差もなく一体的な空間を実現しています。

  • 電設資材

オフィス・執務室

【施工後】
コンセントはOAタップ型を取り付けました。
コンセント間はタイルカーペット下で配線されているので、乱配線や露出配線の心配がありません。

  • 電設資材

オフィス・執務室

【施工後】
コンセントは向かい合わせになる机の間に取り付けられています。
パソコンや電話の電源を適切な位置で取ることができます。

  • 電設資材

オフィス・執務室

【施工後】
机一台につきOAタップを1本使えるよう、1ヶ所に2本のOAタップを取り付けています。

  • 電設資材