パナソニック 防災NET

消防法令

平成27年4月1日施行 平成28年4月1日施行

ホテルや病院・福祉施設などに消防用設備の設置が義務化されます。
自動火災報知設備の設置をおすすめします。
>>詳細はこちら

ホテル、病院などの福祉施設イメージ
平成21年4月1日施行

認知症高齢者グループホーム等への「自動火災報知設備」「火災通報設備」「消火器」などの設置対象が拡大されました。
>>詳細はこちら

平成20年10月1日施行

カラオケボックス、複合カフェ(個室でインターネット利用などのサービス提供を行う店舗)、テレフォンクラブ及び個室ビデオなどへの「自動火災報知設備」の設置対象が拡大されました。
>>詳細はこちら

平成18年6月1日施行

住宅火災による犠牲者を減らすために、住宅用火災報知器の設置が義務づけられました。
>>詳細はこちら

平成17年10月1日で経過措置期間終了

改正消防法の経過措置期間は平成17年10月1日で終了しています。対応がまだでしたらお急ぎください。
>>詳細はこちら

型式失効制度の概要と対象となる防火対象物をご案内。当社型式失効機器の品番・型式番号、代替商品の品番もご案内しています。
>>詳細はこちら

劣化診断資格者が自火報受信機の経年劣化度合いを診断し、更新計画をご提案する制度です。
>>詳細はこちら

着工届・試験結果報告書・点検結果報告書・点検票・点検契約書などの各種書式がダウンロードできます。
>>詳細はこちら