パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電気・建築設備エコソリューション > 電設資材 > 【第1話】 わが家に「気がきくスイッチ&コンセント」がやってくるまで

スイッチ・コンセント編 【第1話】 わが家に「気がきくスイッチ&コンセント」がやってくるまで

家づくりの工程のなかで、スイッチやコンセント選びはどのように進んでいきましたか?

ご主人) 私たちは住宅メーカーから土地・住宅を購入したので、最初に間取りづくり、次にキッチンやバスなどの住宅設備を標準仕様の中から決めるという流れでした。
スイッチやコンセントも、キッチンやバスなどと同様に標準品というものがあって、どの部屋のどの位置に設置するというようなプランニングを住宅メーカーの方が提案してくれました。

うちの場合は妻の姉がインテリアコーディネーターの資格を持っていて、家を新築すると報告した際に、「スイッチやコンセントの配線計画をしっかりしておいたほうがいいよ。センサー付のスイッチとか便利なものがいっぱいあるから、絶対つけたほうが便利よ。」とアドバイスしてくれたのがきっかけで、住宅メーカーの標準品以外のものを知ったわけですが、「これは便利だろうな」と思うものばかり。
そこで住宅メーカーの方に「こういうのもつけて」と要望を聞いてもらいました。

新築の際に、お姉様のすすめでさまざまなスイッチ・コンセントを採用されたと話すO様ご夫妻。

※取付枠はWT3700020(20個入り)
希望小売価格1,300円(税抜)で販売しております。

標準仕様は「ワイドスイッチ」。
操作面が大きいので、お子さまや高齢者でも押しやすい。

商品についての詳しくはこちら

TOP   第2話へ

「スイッチ・コンセント」の商品サイトへ

パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電気・建築設備エコソリューション > 電設資材 > 【第1話】 わが家に「気がきくスイッチ&コンセント」がやってくるまで